« 飛鳥山の斜行モノレール | トップページ | ウェスティン都ホテル京都 お勧め 上  »

2010年4月18日 (日)

看板つっこみ(21)~ 騙されたい 

 駅のホームで見た看板。なかなか狙った店名である。店主の世代もだいたい見当がつく。

93081490_2

 自転車屋さんが駅にこんな大きな看板を出すというのも珍しいし、似顔絵(ヒロシさん?)が描いてあるのも、自転車屋さんとしてはあまり例がないかもしれない。
 営業時間も人をくった設定である。開店がなぜそんな中途半端なのか、季節によって閉店時間が変わるのか、謎が多い。
 それより何より、この店名では客が詐欺に遭いそうで怖いのだが、これはもちろん洒落であろう。むしろ顧客との信頼関係が十分にあるからこそこの店名を掲げることができるのだと思う。
 まあ、店主がヒロシさんというのだろうね。そんな と言われてもどんなか分からないが、ともかくわたしの世代にはずばり命中の店だ。8ビートのリズムにのって、サイクルな夏を大阪で。

 何のことか分からない方は、そんなヒロシ で検索すれば何とかなると思う。

※ このカテゴリーの記事のように、まるよしの楽しい日本語の話を満載した本、ぜひお手に取ってお読みくださいね。

 『まるごと とれたて 日本語談義 -ラジオ番組『高専ライブ』で語ることばの話-』
 桐島周 2016 勝木書店 定価1500円(税込)
 
ISBN: 978-4-906485-09-3 
 (桐島周は、まるよしのペンネームです)

 勝木書店のホームページでご注文いただくのがご便利かと思います。
  http://www.katsuki-books.jp/ (書籍検索から)
 Amazon・楽天などでは購入できません。

167071880

|

« 飛鳥山の斜行モノレール | トップページ | ウェスティン都ホテル京都 お勧め 上  »

5.2.2   看板つっこみ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/45881385

この記事へのトラックバック一覧です: 看板つっこみ(21)~ 騙されたい  :

« 飛鳥山の斜行モノレール | トップページ | ウェスティン都ホテル京都 お勧め 上  »