« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の記事

2010年4月29日 (木)

小浜グルメ(2)

 前回の夏に続き、秋にも小浜の「酔月」を訪れた。
 季節ごとの限定メニューがどう変化しているか、また、焼き鯖を用いたメニューも気になる。

 
 秋に入っても、お馴染みの臨時快速電車は運転が継続しており(11月上旬まで)、この日もやはり席は埋まっていた。

続きを読む "小浜グルメ(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月26日 (月)

サッコのタイムライン

 今年は、サッコのバースデイパーティーに関する情報がないまま、四月も下旬になってしまった。恒例の越谷ライブはないのだろうか。

 サッコさんも新婚生活を確立するため、少々お仕事をセーブしておられるのだろうか。地方でのお仕事が減るのだとしたら、ちょっと淋しい。新生活に慣れてくれたら、無理のない範囲でいいから、全国の人に歌を届けてもらえれば、と思う。

 と言っていたら、全国放送のTV出演が以下のとおり決まった。

続きを読む "サッコのタイムライン"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年4月23日 (金)

ウェスティン都ホテル京都 お勧め 下

(当記事は、外食・宿泊記事専用ブログ『まるよし出歩く』に移転しました)

続きを読む "ウェスティン都ホテル京都 お勧め 下"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月21日 (水)

ウェスティン都ホテル京都 お勧め 上 

(当記事は、外食・宿泊記事専用ブログ『まるよし出歩く』に移転しました)

続きを読む "ウェスティン都ホテル京都 お勧め 上 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月18日 (日)

看板つっこみ(21)~ 騙されたい 

 駅のホームで見た看板。なかなか狙った店名である。店主の世代もだいたい見当がつく。

続きを読む "看板つっこみ(21)~ 騙されたい  "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月16日 (金)

飛鳥山の斜行モノレール

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "飛鳥山の斜行モノレール"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月14日 (水)

カツカレー選集(3)~ ジャンシアーヌ

(当記事は、外食・宿泊記事専用ブログ『まるよし出歩く』に移転しました)

続きを読む "カツカレー選集(3)~ ジャンシアーヌ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月12日 (月)

「ともだち讃歌」の皮肉

 童謡には不思議な歌詞がよくあって、例えば「かごめかごめ」の「夜明けの晩に」とか「うしろの正面」とかの意味不明の歌詞など興味深い。これはまあ、合田社長さんの領域である。

 しかし、こういう意図した不気味さとは別に、歌の趣旨と歌詞がいまひとつ合わないのがある。それが「ともだち讃歌」(訳詞・阪田寛夫)で、わたしはこれを小学校の時に習ったのだが、その当時から、漠然と疑問には思った。長じるにつれて、その疑問は明確になっていき、いまではつっこみの域に達した(笑)。

 この曲の趣旨は最初の一節で明らかである。

続きを読む "「ともだち讃歌」の皮肉"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 9日 (金)

ライバル出現

 まあこのごろはいろんなテレビ番組ができてきて、面白いのだが、このブログとかなりネタがかち合う番組の出現に、ちょっと困っている。

続きを読む "ライバル出現"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 6日 (火)

看板つっこみ(20)~ 必要? 十分?

 これは、ある焼肉店に貼り出されていたアルバイト募集の告知だ。何の気なしに通り過ぎようとしたが、やはり何かがひっかかるので、写真に収めた。よく読むとおかしい。

続きを読む "看板つっこみ(20)~ 必要? 十分?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 4日 (日)

馬の死に感ず

 上げ馬神事において転倒した馬が死んだ。このニュースを聞いて、また複雑な議論になるなあ、という感じがした。このことにはいくつもの観点と価値観とが入り組んでいるため、なかなか合意をみるのは難しいだろう。
 上げ馬神事は、姉妹ブログ『まるよし電車区』の「下道バス帰省」シリーズでもふれている三重県多度大社(桑名市)のものが有名だが、今回の事故は、東員町の猪名部神社で行われた神事において起きている。

 わたしの考えは一応あるのだけれど、それは世間の標準とは多分ずれていると思うし、標準がそもそもないのかもしれない。
 この課題は、少なくとも三つの観点から考えねばならない。

続きを読む "馬の死に感ず"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 2日 (金)

落ち着かない「~かったです」

 学生の作文によくある表現に、こういう類がある。

(1) 工場見学は、とても楽しいでした。(×)
(2) マトリョーシカをもらって、嬉しいでした。(×)

 これらは、共通語としては一応誤りであるから、朱を入れることになる。しかし、どうも朱を入れるのが後ろめたい。文法的に特に間違っていないからである。誤りとされるのは、単に規範的な文型として認められていないからである。
 いうまでもなく、共通語ではこうなる。

続きを読む "落ち着かない「~かったです」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »