« 思い出の「懐かしの富士号」 下 | トップページ | 番外~ 神戸で長崎風トルコライス「カフェ・ド・ボンボン」 »

2010年6月22日 (火)

相撲は仕切りなおせ

 ここまできたら、とりあえず名古屋場所は中止した方がよろしい。全てを刷新して出なおす、というくらいの気概を見せないと、ファンも国民も納得しないのではなかろうか。

 大相撲に野球賭博その他が蔓延していたことについては、わたしは同情しないでもないのである。

 そもそも角力(すもう)というのは、賭博に象徴されるような、裏側の金の動き、任侠の世界の類と、切っても切れないものだったのである。角力自体が格闘技であることや、それが「興行」というかたちをとることから考えて、それは伝統的にあった縁だと思う。
 笹川繁蔵と飯岡助五郎も、角力取りとしての顔と侠客としての顔とを併せ持っていたと言われる。そして、地域の「顔役」でもあった。当然、賭場にも関わったことであろう。
 角力名乗りをやくざに代えて、今じゃ抱寝の一本刀、てなもんである。

 しかし、世の中は変わっている。芸能界においても、裏街道とのつながりを少なくともおおっぴらにしたのは、美空ひばりさんが最後と言っていいだろうし、ひばりさんが並み外れた歌い手だったからこそ、批判を跳ね返して歌謡界の女王の座に君臨しつづけることもできた、いわば例外だろう。
 大相撲における賭博も、ごく自然に受け入れられた、もしくは日陰で生き延びた時代が長かったことは確かながら、現代はそれが難しくなっている。

 相撲というスポーツは、なかなか恵まれている。
 頂点であるプロの相撲、つまり大相撲は、「国技」として下にも置かぬ扱いを受けている。拠点となるスタジアムは、「国技館」を名乗り、都心の便利な場所に鎮座する。最高位の横綱、あるいはそれに次ぐ地位にあってキャラの立っている力士は、芸能人に匹敵するスター扱いを自然に受ける。プロのリーグともいうべき本場所は、国営放送が必ず全取組を生中継して全国津々浦々にその様子が伝えられる。
 アマチュアの相撲も、この大相撲を目指して精進する。野球にあるようなプロとアマの断絶もない。
 これだけ世間の厚遇を受けているスポーツの種目は他にないであろう。そしてこの厚遇は半恒久的なものとして保証されているようなものである。人気力士が少なくなると、満員御礼が少なくなるけれど、だからといって場所が開けなくなるようなこともない。

 こういう境遇にあるスポーツなのだから、前近代的な体質は、そろそろ脱ぎ捨ててもいい。もはや、そうした構造に頼らなくても、大相撲は維持できるはずである。
 このような時代の変化を、大相撲は時津風部屋の暴行事件の時に痛感したはずではなかったか。この時に、旧弊を一つ一つ洗い出し、その是非を検討しておくべきであった。モラルやルール以前に、そういう趨勢のなかで、今までそうしてきたから、という理由だけで野球賭博を続けることが、「空気を読まない」行為であることは、ちょっと考えれば分かるだろう。もちろん、それは当の時津風部屋だけの話ではない。

 
 65人が何らかの賭博行為に関与していたことが判明した、と報じられている。分母たる大相撲の関係者が全部で何人いるのかよく知らないが、少ない割合ではなかろう。大相撲の「看板」たる幕内力士が40人そこそこしかいないことを考えても、この数は異常である。
 もちろん、人気のある上位力士の名も取り沙汰されているし、関与している部屋もかなりの数にわたる。力士だけでなく、親方や床山までが事情聴取を受けている。
 これはもう、大相撲全体の構造的な問題というしかないであろう。

 ならば、大相撲が新たに生まれ変わる、という意志表示のためにも、名古屋場所は開催を中止するべきである。本場所を中止する、という前代未聞の措置こそが、この意志表示として有効である。
 そして、相撲協会の理事長も更迭されるべきであろう。新理事長はやはり、貴乃花親方だろう。変化を体現でき、しかも大衆が納得する新理事長は、彼しかいない。

|

« 思い出の「懐かしの富士号」 下 | トップページ | 番外~ 神戸で長崎風トルコライス「カフェ・ド・ボンボン」 »

8.0時事・ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/48695732

この記事へのトラックバック一覧です: 相撲は仕切りなおせ:

« 思い出の「懐かしの富士号」 下 | トップページ | 番外~ 神戸で長崎風トルコライス「カフェ・ド・ボンボン」 »