« 看板つっこみ(23)~ 両論併記 | トップページ | 東武ホテルレバント東京 トレインビュープラン  »

2010年6月 4日 (金)

バイオニックジェミーDVD化

 以前の記事で紹介した『地上最強の美女バイオニック・ジェミー』(原題『THE BIONIC WOMAN』)というTVドラマシリーズが、ついにDVDになった。
 これを3月に購入し、少しずつ観ているところである。

 やっぱりこれはいい。前の記事でも指摘したような、いろんな要素が愉しませてくれる。

 惜しむらくは、最後の第三シーズンが収録されていないことである。これはアメリカでの放映局や作品のテイストが変化したため、いろいろな事情があった、ということだと思うが、あれはあれで分かりやすく面白かったのである(2011年9月追記:その後第三シリーズも発売)
 それから、日本での放映順序がアメリカでのそれと一致していないことも、今回知った(そういえば、日本では放送回数の加減か、同じ回が暫くの間をおいて二回放送されたこともあった)。

 今からみると、各回の邦題が、「ジェミー 地球壊滅を救え!」「警官ジェミー 第5分署に殴り込む!」などと、時代を感じさせるものになっているのも、微笑ましい。邦題を見ただけで、忘れていた話を思い出したりもする。
 まことにバラエティーに富んだ各話から成っているが、スタッフの表を見ると、監督も脚本も、各話ごとに組み合わせが異なっていて、たくさんの人の手がかかっていることが分かる。日本のドラマもある程度分担はしているようだが、ここまでではない。これでスタッフが生活して行ける、ということは、これだけ評判になったドラマであれば、それなりの報酬が支払われていて、十分制作に専念できる、ということであろう。テレビ文化のふるさとともいうべきアメリカだけに、この文化が大切に育てられていることを感じる。

 ユーモアもありつつなかなか感銘を受ける話もあるようなので、これからいくつかをピックアップして解題しようか、とも考えている。
 でまあ、一言で言うと、コンピューターがでかい。コンピューターの操作は、もちろんパンチカード入力かスイッチをいくつも押すか。電話は全て固定電話でやっぱりでかい。むしろ無線機がケータイに見える。クルマも大柄なアメ車がほとんど。(ただしジェミーの愛車は日産フェアレディZである)。

 ともあれ、当時ジェミーに憧れながら観ていた少年少女に、そして分かりやすいSF虚構をお望みの方に、このDVDをお勧めする次第である。

下のリンク及び画像は、楽天ブックス該当商品ページ(購入もできます)につながります。
 

【送料無料選択可!】地上最強の美女 バイオニック・ジェミー season1 DVD-BOX / TVドラマ
【送料無料選択可!】地上最強の美女 バイオニック・ジェミー season2 DVD-BOX / TVドラマ

|

« 看板つっこみ(23)~ 両論併記 | トップページ | 東武ホテルレバント東京 トレインビュープラン  »

7.2.5.0  TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

私もチャーリーズエンジェル、大草原の小さな家、奥様は魔女、ナイトライダーと共に記憶の中に宿ってます。すごいパワーを出すときはスローモーションの技法が取られていたような気がします。懐かしいです。

投稿: ViVi | 2010年6月 7日 (月) 16時04分

 あれはスローモーションだからいいんですよね。走ってるシーンはむしろ早回しにしてもいいはずなのに、あえてスロー。実際は一蹴り数十メートルほど進んでるんでしょうね。高い所に跳び上がるシーンも、うまいこと撮るなあ、と思います。CGとかない時代なのに。

投稿: まるよし | 2010年6月 7日 (月) 19時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/48056433

この記事へのトラックバック一覧です: バイオニックジェミーDVD化:

« 看板つっこみ(23)~ 両論併記 | トップページ | 東武ホテルレバント東京 トレインビュープラン  »