« 思い出の「懐かしの富士号」 上 | トップページ | 看板つっこみ(24)~ トイレ新戦略 »

2010年6月15日 (火)

サッコに新曲か?

 合田社長さんのブログに書かれているのだから、確かな情報だろうし、公開してもいいのだろう。

 サッコ(伊藤咲子)さんが新曲をレコーディングするもようである。これが実現すれば、昭和六十年のシングル「愛人芝居」以来、実に二十五年ぶりのオリジナル新曲が発表されることになり、また新曲が最初からCDとして世に出るのは初めてのこととなる(その間のCDなどは、みなベスト盤や復刻盤であった)。

 新曲の内容であるが、どういうものになるだろうか。

 12月19日追記 発売になりました。こちらの記事をどうぞ。

 これについては、まだ何も公式発表されていない。わかっているのは、合田社長さんの作曲、ということだけである。
 わたしは、私家版のサッコ解題本『伊藤咲子 マイク 泳ぐ』において、サッコに期待する新曲ジャンルとして、(1)男歌 (2)人生の応援歌 (3)ウェディングソング (4)デュエット曲 の四つを挙げた(この本、まだ1冊だけ余っている。念のため)。
 (4)はないとして、(1)~(3)のどれかになるのか、全く異なる歌になるのか、予想がつかない。わたしは(2)を歌ってほしいような気がする。今のサッコさんの歌唱だと、「ノラ」や「越冬つばめ」といったカバー曲のみごとさからいっても、軽く演歌テイストの曲がいいかな、とも思うが、どういう曲なのか、まだわからない。あっと驚くような曲であれば、それはそれで面白い。「それからのひまわり娘」なんていう趣旨の曲もいいかもしれない。

 
 どういう曲であれ、新曲が出る、ということは、テレビやラジオに出演する機会も拡がる、ということになるのではないか。
 「NHK歌謡コンサート」(歌コン)やテレビ東京の「にっぽんの歌」シリーズには既にかなりの回数出演しているので、アイドル時代のヒット曲はひととおり歌ってしまった感がある。先日の歌コンでは、持ち歌だけでなく、三木たかしメドレーで今までにないカバーを見せてくれたサッコさんだ。今夏の「にっぽんの歌」でも、カバー曲を歌うことになったそうだ。
 番組側からそういう要望がある、というのは、単なる懐メロ歌手としての扱いから、準レギュラーのボーカリスト(いろんな曲をカバーする役回り)への脱皮がなされつつある、ということでもあろう。新曲が出ることは、これに弾みがつくのではないだろうか。

 新曲がじわじわとヒットして、歌コンにもどんどん出て、やがて大晦日へ…、などと夢はふくらむが、あんまり期待してはサッコさんもプレッシャーだろうし、こっちも血圧と脈拍数が上がるばかりなので、静かに続報を待とう。

 12月19日追記 発売になりました。こちらの記事をどうぞ。

|

« 思い出の「懐かしの富士号」 上 | トップページ | 看板つっこみ(24)~ トイレ新戦略 »

1.0サッコ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/48584174

この記事へのトラックバック一覧です: サッコに新曲か?:

« 思い出の「懐かしの富士号」 上 | トップページ | 看板つっこみ(24)~ トイレ新戦略 »