« 上り「トワイライトエクスプレス」1 上 | トップページ | 指その後(5)~ 指が忌避されること »

2010年9月 1日 (水)

『テストの花道』を学生にも観てほしい

 今年の四月から始まっている『テストの花道』というテレビ番組は、司会が所ジョージさんと城島茂さん、という豪華にしてバラエティー的な人選ではあるのだが、NHK教育テレビでの放送であることや、内容が学校の勉強や進学に関することであるため、話題にのぼることの少ない地味なものになっている。

 わたしも、最初の三か月ほどは、そういう番組があることを知らなかったのだが、観てみると、なかなかの内容だった。

 ゆとり教育の世代と不況の時代になったからであろうか。勉強のし方が分からなかったり、先の展望が見えなかったりする子どもたちが多くなっているのだろう。そういう子どもに指南する番組らしい。
 番組には数名の現役高校生(タレントを含む)が出演していて、勉強について語ったり、実験・実習に参加したりする。そこに、大学生(一流大学が多い)が先輩の立場からアドバイスしたり、学者の理論の紹介などがあったりする。

 面白いのは、その勉強のし方について、抽象的な精神論にとどまるのでなく、具体的な方策を提案し、それを実験によって納得させているところである。
 例えば、ノートの取り方を二週にわたってとりあげたりする。これなどは、わたしも我が意を得たり、と思ったのだが、高校生たちに歴史の授業を受けさせ(もちろんノートをとらせる)た後、その内容について、テストをする(テストは抜き打ちである)。ただし、高校生のうち四人(歴史が比較的不得意な四人である)にだけ、番組が極意とするノートの取り方を、事前に指導してあるのである。
 こういう実験は、教科教育研究の学界でも、ぜひやってみたいものであるが、いろいろ差し障りがあってなかなかできない。テレビの力でこういうことをどんどんやってくれるのは、ありがたい。
 果たして、極意を会得した二人は、他の生徒に比べて格段にいい点数がとれていたのである。

 番組は、大学受験を目指す高校生を主な対象にしているが、授業を聞いて理解する、ということに関しては、所属校の学生も同じことである。そして困ったことに、所属校はそこそこレベルが高いため、学生たちは、小中学校時代にはそれほど苦労しなくてもそれなりの成績がとれてきた層なのである。ゆえに、勉強のし方が身についていない。授業のレベルが、一夜漬けで対処できないところまで上がってきたとき、なすすべがないのである。所属校は、高等教育機関としての授業をしながら、学生は中学を卒業してすぐに入ってくるので、勉強のし方・授業の受け方も、ふた皮むけてもらわねばならないのだが、最終学年になっても、一枚めの脱皮さえできていない学生も少なくない。それで卒業してもらっては困るのだが、そんなところまで指導する時間と心の余裕がこちらにないのも、また確かである。そういう意味で、この番組は有意義である。ぜひ所属校の学生に観てほしい、と思う。
 ノートの取り方は、授業の受け方の基本である。が、学生たちを見ていると、板書を写すことがノートを取ることだ、と思っている者が多い。ゆえに、先生に対して、板書を読みやすく書いてほしい、とか左から順番に整理して書いてほしい、果ては、テストに出すところは必ず黒板に書いてほしい、などなど、馬鹿げた要求を授業アンケートなどに書く。意味も分からずに文字だけを写す作業になってしまい、それでもそうやって写せばなにか勉強した気になってしまうのが危険だ。

 もちろん番組では、そんなのとは違う、ほんとうのノートの取り方を伝授してくれる。授業の要点は板書にあるのではなく先生の説明にあるのだ、という当たり前のことを説いてくれる。
 要点が板書にあるのなら、授業をする必要がなくなる。板書する内容をプリントにして配布すれば、終わってしまう。何のために授業をするのか、と考えればすぐに分かることである。板書は、要点を説明するための見取り図・土台をつくっているにすぎない。中学なら、ノートを取ることと板書を移すこととはほぼイコールだろうが、高校・大学レベルの授業で、要点を全て板書していては、授業が全く進まない。それくらい高度で密度の高い授業になっているのだから、受け方も換えねばならない。

 しかし実際には、こういう基本が分かっていない学生が多い。わたし自身も、高校時代に分かっていたか、と問われると自信がないが、少なくとも大学に入ってからは分かっていたと思う。
 夏休み期間には再放送されたこともあり、番組はできるだけ録画してあるが、機会をとらえて学生にも観せたい、と考えている。

|

« 上り「トワイライトエクスプレス」1 上 | トップページ | 指その後(5)~ 指が忌避されること »

6.1  教師業」カテゴリの記事

7.2.0 芸能・TV」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/49002610

この記事へのトラックバック一覧です: 『テストの花道』を学生にも観てほしい:

« 上り「トワイライトエクスプレス」1 上 | トップページ | 指その後(5)~ 指が忌避されること »