« 『テストの花道』を学生にも観てほしい | トップページ | 上り「トワイライトエクスプレス」1 下 »

2010年9月 4日 (土)

指その後(5)~ 指が忌避されること

 これまでの指その後シリーズは、不如意な指に役立つグッズの話が多かったが、今回は形而上的な話になる。

 
 見た目に障碍があったとしても、それを隠すか曝け出すかは、難しい問題である。義指を作ったので、それを着けていれば、指に力を入れたり細かい作業をしたり、というような場面でもない限り、ほぼ指の欠損を他人に悟られることはない。
 しかし、義指を着けることには多少の後ろめたさがあるのも事実である。

 それは、覆い隠すことで、障碍を伴う自分の身体を恥じているような気になるからである。実際には恥じる気持ちは全くないのであって、義指を着けるのは、どちらかと言えば、周囲の人に要らぬ気を遣わせないため、という要因が大きい。
 現に、同僚でも機械を扱う実習工場を担当するスタッフには、健常指の方が少ないような人がいる。この人は、義指を作るでも手袋を嵌めるでもなく、短めの指で普通に仕事をし、その手で学生の前にも出ている。そんなものを着けていては仕事にならないのだろう。もちろんその人も自分の手を恥じてはいないわけではあるし、そういう指を学生に見せるのも、一つの教育的見識である、と言えよう。
 しかし、わたしはその人のようにこの手を学生の前に曝す気にはなれない。わたしが担当する授業は主に低学年であるし、機械を扱う学科の学生ばかりを相手にするわけでもない。そこで考えてしまうのである。

 義指を着けはじめた頃、わたしは各クラスの授業で学生に義指を外して見せた。外して、と言っても、外した後の切断指の方はグーにして隠すつもりである。わざわざ義指を見せなくても、と思うかもしれないが、切断事故のことを学生は皆知っているし、事故から義指の完成までは半年以上かかっており、その間の授業では手袋を着けていた。いきなり指が復活しているのは不自然であり、説明は必要だ。
 すると、あるクラスでは、わたしが義指を外そうとしただけで、「いやー」と悲鳴をあげて目を逸らす女子学生が数人いた。
 これはたいへん失礼なことである。一年半も授業をともにして気のおけない間柄になっていた、ということはあるにしても、他人の体の一部を本人の前でそのようにあからさまに嫌悪するのは問題だろう。本人はもっといやーな体験をいっぱいしているのだ。
 しかし、それは後になって冷静に考えてそう言えるのであって、その当座は、わたしは言い訳するかのように、
「こっちの指は見せないから」
と宥めた。
 なんだか、これではわたしが殊更にグロテスクな物をうら若い女の子の前で見せて反応を愉しむ悪趣味な人間のようではないか。

 何度反芻しても、やはり女子学生の反応は問題であり、指導の必要がある。だから次の週の授業で話はした。
 それでも、こっちにかすかな後ろめたさはある。自分の指を恥じる気はなく、名誉の負傷と冗談まじりにではあるが言っているくらいなのだが、義指を着けることで煩わしい反応から逃れることができてほっとしている面が、ないといえば嘘になる。
 逆に、手袋や指用包帯を着けていれば、指が不自由なのだと周囲にも分かり、それなりに配慮してもらえることが多い。しかしそうすることは周囲に甘えていることになりはしないか、という自問が常に頭を過る。かといって、見た目で障碍が分からない義指を着けた状態でもたもたしていると、かえって周囲を苛立たせるのではないか。
 なお、別のクラスでは、学生たちが非常に義指に興味をもって集まって来、最初は指で義指を突ついたり触ったりしていたが、しまいには外せと言う。わたしが、外したら食欲がなくなるかもしれないがそれでもいいか、と訊くと、いいと言うのだ。義指を渡すと、手に取って仔細に観察したり、どのように作ったのか、と訊いてきたりもした。これはものづくりを旨とする学校の学生としては、まともな反応である。

 
 学生ではなく大の大人の方に、義指であることを告げると、あからさまに嫌そうな態度をとられ、忌避されたこともある。この方の場合は、多少酩酊されていたこともあるのだが、複雑な気持ちだ。
 それほどでなくても、物を受け渡すとき(店員との釣銭のやりとりなど)、義指が相手の手に触れてしまい、えっ、という顔をされることもしばしばである。こういうときは気まずい。
 また、義指を着けていると、右手で重い物を持ったり細かい作業をしたりは避けることになる。義指だと知らない人からみると、仕事を怠けているようにも見えかねないが、言い訳がましくいちいち弁明するのもどうかと思う。これもまた気まずい。

 
 結局、隠すのと曝すのと、どちらがいいのか結論が出ないまま、なんとなく使い分けている。答は死ぬまで求まらないのかもしれない。

|

« 『テストの花道』を学生にも観てほしい | トップページ | 上り「トワイライトエクスプレス」1 下 »

6.1  教師業」カテゴリの記事

9.6  傷病と生き方」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/47898021

この記事へのトラックバック一覧です: 指その後(5)~ 指が忌避されること:

« 『テストの花道』を学生にも観てほしい | トップページ | 上り「トワイライトエクスプレス」1 下 »