« 名古屋マリオットアソシアホテル 鉄道満喫プラン | トップページ | 注意書きつっこみ(2)~ 平仮名社名だったばかりに »

2010年10月 2日 (土)

指その後(6)~ 義指リメイク

 義指は、一年程度が耐用年数とされているらしく、購入してから一年たつと、作りなおすことができる(註)。最初が労災であれば、作りなおしに個人負担は不要であるから、一生困らないわけである。

 そういうわけで、初めて義指を作っ(「指その後(3)」参照)てから一年経ったので、また前の業者さんにお願いした。

 今回、わたしの方から少し注文をして、指先を少し曲げた状態の義指を作ってもらうことにした。見た目を考えるとまっすぐな指の方がいいのだが、ペンやチョーク、それに箸を握ったり、パソコンを打ったりするときに、まっすぐな中指が邪魔になったりした。
 手術の時に、形成外科医が、
「曲がらない指を繋いでも、却って邪魔になることがありますよ。繋いだ後になって、やっぱり切ってください、と言ってくる患者さんもいるくらいです」
と言っていたのを思い出す。わたしの中指の場合、ちょうど第一関節の所で切断されていたため、繋いでもそこから先は動かない、とのことだったのである。そんなこともあって、繋ぐのを断念した。

 それと同様のことが義指でも起きていたわけで、義指だから取り外しがきき、取り返しはつくのだが、では第一関節から先がなくなってしまえばいいか、というと、それはそれで不自由なことは言うまでもない。曲がった義指があると便利だ、と思っていたので、業者さんに打診したところ、作るのは可能だ、とのことであった。

 できてきたのがこの義指である。

108271961

 指先が曲がっているのがお分かりだろうか。昨年の指と比較してみよう。と言っても、昨年の指は曲がっていないから、横向きに立てることができない。同じ角度では撮れないのだが。

108271972

 このように形が替わったが、型取りのやりなおしはしなくてよかった。これをするとまた代金がかさんで自己負担が発生するので、配慮してくれたのだろう。それにしても、かなりの技術である。
 実はこの昨年の指、酷使のため(?)、中指の裾が少し裂けてきていた。あまりにリアルな義肢なので、つい着けているのを忘れ、力を入れたり重いものを持ったりしてしまうのである。これもサービスで簡易修理してくれた。

 新義指の装着状態では、不慣れもあって、ちょっとまだこのままでいいか判断はつかないのだが、不都合があれば調整してもらえるそうなので、しばらく試用しよう。

108232163

108232165

 まあこんな感じである。  なお今回も、どこの業者で作ったかをお教えすることはできない。理由は以前の記事をご参照いただきたい。

(注) この「一年」が、どの時点を起算とするかは、土地土地の労働局によって解釈運用が異なるのだそうである。費用支給承認書の発行日を起算、義指の入手日を起算、業者から労働局への費用請求があった日を起算、の三通りがあり、後二者の場合、一年プラスαの期間を要することになり、毎年同時季に新しい義指を作る、といったことは不可能となる。地元の労働局に確認が必要である。

|

« 名古屋マリオットアソシアホテル 鉄道満喫プラン | トップページ | 注意書きつっこみ(2)~ 平仮名社名だったばかりに »

9.6  傷病と生き方」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/49268070

この記事へのトラックバック一覧です: 指その後(6)~ 義指リメイク:

« 名古屋マリオットアソシアホテル 鉄道満喫プラン | トップページ | 注意書きつっこみ(2)~ 平仮名社名だったばかりに »