« 沖縄本島両岸の旅 甲 | トップページ | 沖縄本島両岸の旅 乙 »

2010年12月13日 (月)

新曲ついに発売

 12月8日、サッコ(伊藤咲子)さんの二十五年ぶりのシングル(CDとしては初)が発売となった。

『女の歌/ひまわり娘』 伊藤咲子 [CD] (左記リンクは、『楽天市場』の当該商品ページに跳びます。購入もできます)

※12月13日現在、楽天市場の一部ショップで、「女の歌」が売り切れもしくは在庫僅少の状態になっています。リンク先から注文できない場合がありますが、他のショップで、あるいは日をおいて注文していただきますよう、お願いします。

 予約しておいたのでわたしの所にも届いた。これを機に、サッコさんの公式彩図もリニューアル、こちらのトップ写真も新しいものになっている。
  http://www.i-sakiko.com/

 以前の記事でも楽天のCD購入ページにリンクを張ったのだが、その時はまだ画像がなかった。が、ジャケットもできて、写真をお見せすることができる。

(下の画像は、『楽天市場』の当該商品ページにリンクします。購入もできます)

伊藤咲子 / 女の歌 【CD Maxi】

伊藤咲子 / 女の歌 【CD Maxi】

価格:1,200円(税込、送料別)

 
 おお、なかなかシックな感じではないか。大人の伊藤咲子を強調するモノトーンに近い感覚。この衣裳でステージに立ったりすることもあるようだ。タイトルと同様、写真から歌の内容に関するヒントは全く読み取れない。聴いてみてのお楽しみ、ということだろう。

 「女の歌」というタイトルは、謎かけのようなもので、実際に歌詞をみると、この歌詞の曲にこのタイトルはやや反則気味である。しかし、そこが一青窈さんということだろう。ともすれば素人っぽいかにみえる言葉遣いが、文脈のなかで意外な新鮮さをもつ。一青さんの、常識的な用語法に背を向けた歌詞が、サッコさんの未知の部分を開拓してくれるのではないだろうか。
 イメージチェンジして、アイドルっぽい歌唱や衣裳があまり見られなくなるのでは、という心配もあるが、新しいサッコさんの魅力もまた大いにファン心理をくすぐる。

 なお、この曲のプロモーションのためであろう、各地でのCDショップ訪問+ミニライブ、ラジオ番組への出演(電話インタビューなども含む)がこれから目白押しである。とても紹介しきれないので、詳細は伊藤咲子のオフィシャル彩図(左サイドバーからリンク)の「スケジュール」コーナーをご覧いただきたい。

 わたしはもちろんもう聴いたけれど、詳しい解題はまたもうしばらく経ってから記事にしようと思う。まずは何度も聴き込みたいのである。
 

|

« 沖縄本島両岸の旅 甲 | トップページ | 沖縄本島両岸の旅 乙 »

1.7  サッコ告知」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/50214977

この記事へのトラックバック一覧です: 新曲ついに発売:

« 沖縄本島両岸の旅 甲 | トップページ | 沖縄本島両岸の旅 乙 »