« 標識表現の限界 | トップページ | そよ風トレイン117 »

2011年1月25日 (火)

わたしは何に似ているか

 当ブログでは、まるよしの詳細なプロフィールとか、まるよしの肖像とか、そういうものは公開していない。読者のなかでもまるよしと面識のある方はいいのだが、そうでない方は、勝手にまるよしの風貌を想像しておられることであろう。
 しかし、そういうのはえてして実物よりも美化したイメージを描きがちである。誤解を防ぐため、これまでに他人から「あなたは●●に似ている」と言われた、その●●をリストアップしてみよう。顔だち・雰囲気・声、その他の輪郭だけでも明らかになるだろう。

 顔が似ている、というものだけでなく、声が似ている、雰囲気が似ている、何か分からないがなんとなく似ている、とかいろいろな註釈がつく。だいたい歳の若い(幼い)頃に言われた順に挙げていこう(敬称略)。

1.『帰ってきたウルトラマン』のCMの人
 これはもう小学生のときで、何がどう似ているのか、分からない。多分声だと思うが、女声のナレーションとわたしの声やしゃべり方が似ていた、ということか。声変わり前のわたしは、電話に出たら必ず女の子と間違えられたし、ワンマンバスの停留所案内放送の真似は持ちネタになっていた。

2.教育ママ
 中学時代に目を患って太い縁のついたサングラスをかけて学校に行ったら、友達にこう言われた。わたしではなくて眼鏡だけのイメージだろう。丸刈りだったのだし。

3.河童
 中学のときの先生に言われた。多分適当に言ったのだろう。

4.部活の後輩
 これも中学時代だ。同じ塾に通っていた一年下のこの後輩は、けっこうイケメン(なんて言葉はなかったが、整った顔の部類)と認められていた人であり、わたしはそうではなかったから、どこが似ているのか、よく分からなかった。全体の雰囲気なんかかもしれない。塾の先生に「兄弟みたいだな」と言われた。わたしは光栄だが、向こうはむっとした顔をしていた。そりゃそうだろう。

5.矢沢透
 高校に入ってすぐのオリエンテーションキャンプで、密かにクラスが集まった女子部屋で怪談噺を演ったとき、しゃべり方がキンちゃんに似ている、と言われた。アリスのファンではなかったので、特にどうとも思わなかった。

6.さだまさし
 高校に入ってひと前で歌を歌ったときに、歌い方がそっくりだ、と言われた。まあハマったアーティストであって、当然歌い方も影響をまともに受けていたからだ。ある程度声の質も似ていたのだろう。

7.キラー=カーン
 これは、大学生のとき、プロレス同好会に属していた級友に、ほとんど会うたびに言われた。悪役レスラーらしいが、プロレスにも興味がないので、自分では似ているかどうか分からない。そんなに人相が悪いだろうか。

8.細川たかし
 大学生のとき教育実習でお世話になった指導教官に言われた。そう言われればそんな気もするが、他に言われたことはない。

9.坂上忍
 同じ頃、母に言われた。正確には、坂上忍がわたしに似ている、と言ったのである。歳の順からすればそうなるが、似ているのかなあ、と思う。分からなくはない。

10.美空ひばり
 これは完全に声のことである。大学院の頃、ひばりブームがあったりして、カラオケでよくひばりナンバーを歌った。もちろん、歌い方も真似をしたからである。

11.C-3PO
 大学院の頃に、後輩に言われた。『スター・ウォーズ』シリーズは全く観たことがなかったので、言われてもぴんとこなかったが、観てみた今となっては、分かる気もする。背が高くて、過剰に通俗的で慎重なもの言いをするところが似ているのかもしれない。

12.保坂尚希
 これは誰に言われたか忘れた。目から上だけ似ているのだそうだ。

13.美川憲一
 大学院のとき、後輩のゼミ生から。そんなにそっち系のムードが滲み出ていただろうか。ことさらにオネエしゃべりはしていなかったと思うし、声質も異なると思うのだが。

14.細野晴臣・坂本龍一
 大学院時代ほぼ同時に、全く別の人にそれぞれ言われた(前者は非常勤で行っていた高校の生徒、後者は同級生)。一人YMOかい、となんとなくおかしかったので、一括しておく。

15.桑田真澄
 大学院のとき、学会の事務で小学校に挨拶に行った時、校門を入ったとたん、掃除をしていた児童らに、「桑田桑田や」と指差して囃し立てられた。子供は正直だから、似ているのだろう。これは他の人にも、その後何年にもわたって何度も言われたし、自分でもちょっと似てるかな、とは思う。これは明らかに顔のことである。顔の輪郭や頬骨の出方などが似ているのだと思う。もちろんあちらは高校球児の頃からのアイドルであるから、比べるのもおこがましいが、ちょっと飄々と人をくったようなものの言い方や行動をするところも似ているかもしれない。

16.小沢健二
 顔は全く似ていない。声である。現職に就いてから「カローラIIに乗って」のCDを研究室でかけていたら、学生が目を点にして、「これ、先生のカラオケを録音したんですか?」と言ったものだ。わたしも声や歌い方が似ているとは思うし、だからカラオケのレパートリーにもした。

17.森脇健児
 着任から何年か、時々学生から言われた。最近は言われなくなった。似なくなった、というより、学生が森脇健児を知らなくなってきたのだろう。自分ではあまり似ていると思わない。

18.インテリヤクザ
 そんな感じに見えるそうである。白のジャケットに紺の水玉のネクタイを締めてサングラスをかけていたからだろう。

19.茨城支社長
 現在は茨城に住むまるよしくらぶ生である。同僚の教員に言われた。顔や声ではなく、全体のかもしだす雰囲気が似ているらしい。

20.ガチャピン
 逆に、まるよしくらぶ生に言われた。出っ歯だと言いたいだけだ。

21.越後の縮緬支店長
 現在新潟で大学に通っているまるよしくらぶ生である。19番といい、くらぶ生は、わたしのなかのいろいろな部分に共鳴して集まってくるのだから、どこか似ているところがあるのだろう。

22.ぺ=ヨンジュン
 現在使っている眼鏡を買ったのが、『冬のソナタ』ブームの頃だったので、当然ながら流行りのそういう眼鏡になった。眼鏡だけのイメージである。

23.竹中平蔵
 これは近年よく言われるようになったが、自分では全くそう思わない。が、多くの人が言うならそういう雰囲気もあるのだろう。

 
 いかがであろうか。だいたいまるよしの姿が想像できただろうか。それとも、わけが分からなくなっただろうか。

 なお、自他ともにそっくり生き写しと認める、最も似ている有名人に関しては、この記事では割愛している。近すぎるので、その方の存在は、もっとわたしのアイデンティティの深部に食い込んでおり、なかなか軽々には論じられないからである。

|

« 標識表現の限界 | トップページ | そよ風トレイン117 »

9.8  わたしのかたち」カテゴリの記事

コメント

この記事を拝見いたしますと、まるよしさんの実像がますますベール
に包まれて、わからなくなった感がいたしました。
ちなみに私は、シルクハットに燕尾服といういでたちで、「悲しき口笛」を歌う子供の頃の美空ひばりさんに似ていると、人に言われます。

投稿: しーちゃん | 2011年1月26日 (水) 13時10分

 やはり人物像を言葉で説明するのは難しい、ということですね。

投稿: まるよし | 2011年1月29日 (土) 06時41分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/49030856

この記事へのトラックバック一覧です: わたしは何に似ているか:

« 標識表現の限界 | トップページ | そよ風トレイン117 »