« あからさまに『ちりとてちん』 | トップページ | 新流行語対照(10)~ 「欲しい」 »

2011年3月 4日 (金)

歌コンでサッコ「女の歌」

 今週の『NHK歌謡コンサート』にサッコ(伊藤咲子)さんが出演した。

 この番組は、他の歌手の皆さんの顔ぶれなども、サッコファンには感慨深いものがあった。

 「黄昏のビギン」をカバーしたクミコさん、昨年末の『紅白歌合戦』にも出演されていたが、サッコファンならご存じのとおり、アルバムでは「乙女のワルツ」もカバーしてくれているのである。楽屋でそんな会話もあったのだろうか。

 そして、「唇よ熱く君を語れ」を歌った渡辺真知子さん。これは逆に、サッコさんが「かもめが翔んだ日」をステージでカバーしている。実のところ、わたしはむしろ「唇よ熱く君を語れ」の方をカバーしてほしい、と思っているのだが。
 また、真知子さんとサッコさんは、あの『三菱ドライビングポップス』のパーソナリティを続けて務めたお二人でもある。

 
 さて、サッコさんの「女の歌」だが、やっぱりCDで聴くよりもメリハリが効いていて、最後の「た」も伸びやかである。なにか、いい感じに力を抜いたり入れたり、リラックスして歌っておられるようにお見受けした。主婦感を強調した感じにまとめた髪もよい。
 惜しむらくは、フルコーラスではなかったこと(『歌コン』はフルコーラス歌う番組ではなかったのか? 「歌コン最前線」枠だったからか?)。2番の スクランブルの交差点 は前半の歌詞がないと意味がとりにくいし、繰返しで1番に戻るところに意味があるんだがな。そのせいかどうか、歌詞の意味が分からない人が多かったようで、女の歌/歌詞/意味 などという検索語で、当ブログ私的解題カテゴリーの「女の歌」記事上下を読みに来られる方が、番組終了ごろから多くなっている。
 まあ、文句はあっても、全国ネットの生放送で「女の歌」が流れたことは、大きな意義がある。これまでのテレビ出演は、アイドル時代のヒット曲が中心で、衣裳などもそれに見合ったものだった。それが今回は全く大人の雰囲気であり、多くの人に新しいサッコさんのイメージを植えつけることができたのではないか。それどころか、「これはほんとうにあの伊藤咲子なのか?」と訝しんだ人さえいるのではないか、と思う。
 それと、一青窈さんの作詞であることを、「世代を超えたコラボレーション」などと紹介していたが、そんな言われ方をしたら、サッコさんがえらいおばはんみたいではないか。まあ、確かにそれなりの年齢の開きはあるのだが。

 もっともっと人気が復活して、八代亜紀さんのように二曲歌えるポジションになってくれたら、と思う。
 さらなるテレビ出演、期待したい。

(上記画像は、『楽天市場』の商品ページへのリンクです。購入もできます)

|

« あからさまに『ちりとてちん』 | トップページ | 新流行語対照(10)~ 「欲しい」 »

1.0サッコ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/51031143

この記事へのトラックバック一覧です: 歌コンでサッコ「女の歌」:

« あからさまに『ちりとてちん』 | トップページ | 新流行語対照(10)~ 「欲しい」 »