« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月の記事

2011年4月28日 (木)

まるよしくらぶ規程改定

 明日は総会だし、まるよしくらぶへの入会希望者が久々に現れたことでもあり、もう五年も前に定めたままになっているくらぶの規程を、今の時代状況とくらぶの状況に合うように、改定しておくことにする。

続きを読む "まるよしくらぶ規程改定"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

新青森駅

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "新青森駅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

電話嫌い

 電話が嫌いな理由は、運動能力が劣っていることにある。
 声を出すということも筋肉を用いた運動であり、筋肉の機能が劣っていると、しゃべることも苦痛なのである。瞬発力がなく、力の制御もきかないから、ここ、というタイミングで話しはじめることができず、声の大きさ、声色などの表現もうまくできない。
 わたしを知っている人は、そんなことはないじゃないか、と言うかもしれない。が、それは誤解である。

続きを読む "電話嫌い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

セントレジス大阪 お勧め 上

(当記事は、外食・宿泊記事専用ブログ『まるよし出歩く』に移転しました)

続きを読む "セントレジス大阪 お勧め 上"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

叙述ミステリーとして~ 『シューマンの指』 上

 ミステリーが特に好きでもないわたしが、ミステリーとして宣伝されていたこの 【送料無料】シューマンの指 (左は、「楽天ブックス」の該当書ページにリンクしています。購入もできます)を買う気になったのは、何といっても「指」による。
 高名な作曲家であるシューマンは、ピアニストを志していたが、指を患ったためにそれを諦めざるを得ず、作曲家に転向した。それに因んで、この小説でも、将来を嘱望されていた若き天才ピアニスト永嶺まさとが、事故で指を切断してしまい才能を断たれる、という話になる。
 わたしはピアニストでも何でもないけれど、この点でシンパシーを感じたわけである。指の切断が話の核にある小説はそう多くないだろう。わたしが読んでおかねば、という気になった。
 時代設定も、わたしが学生時代を過ごした時分と重なるし、主人公らは少し年上ではあるが同世代と言ってよさそうである。

 一般的な書籍紹介で『シューマンの指』はミステリーとして扱われていることが多いのだが、実はこの小説は、ミステリーではない。というのは、殺人事件の扱いから明らかである。

続きを読む "叙述ミステリーとして~ 『シューマンの指』 上"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月13日 (水)

秋の飯田線縦走 V(最終)

 当記事は、姉妹資料庫ブログ『まるよし電車区』に移転しました。
  
http://railway.cocolog-nifty.com/denshaku/2011/11/post-5976.html

続きを読む "秋の飯田線縦走 V(最終)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

Bye bye, Greene and Gold

 この3月は、長年放映されてきたドラマシリーズ二作品が最終回を迎えた。いずれもわたしが好んで観てきたものであり、複雑な感慨がある。

 二作品とは、『ER 緊急救命室』と『3年B組金八先生』の両シリーズである。この二つは通じ合うものがある。合衆国と日本、病院と学校という舞台の違いはあるが、他人の人生を一時的に預かって手助けする場、という意味では同じである。
 そして、最終回の迎え方について、共通するものがあった反面、違いも感じる。

(文章中、俳優名は冗長さを避けるため敬称略とします)

続きを読む "Bye bye, Greene and Gold"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

秋の飯田線縦走 IV

 当記事は、姉妹資料庫ブログ『まるよし電車区』に移転しました。
  
http://railway.cocolog-nifty.com/denshaku/2011/11/post-5976.html

続きを読む "秋の飯田線縦走 IV"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

ヒロシマエディション

 まるよしくらぶのエディションは、結果的に年二回程度になる。今回は冬休み時期に実施する予定だったものを延期したものである。

 この三月で本科生がいなくなるくらぶであるが、卒業を控えた最後の本科生二名、乙男と非文化少年の二人を壮行するのも、ひとつの目的となる。
 広島にしたのは、三人で相談してのことだが、ほとんどは非文化少年の常人には理解しがたい理論で選ばれたと言っていいだろう。呉の戦艦大和ミュージアムをどうしても観ておきたい、という思いもあったようだ。ほどなく九州に転居しようとしているメンバーを連れて広島に行く、という中途半端な選択がまるよしくらぶらしい。
 非文化少年を連れての初めてのエディションだった千葉エディションでは、彼の電車不慣れを考慮して高速バスにしたのだが、他人についていくだけなら乗り換えもできる、と分かったので、今回は「青春18きっぷ」による普通電車乗継ぎである。

続きを読む "ヒロシマエディション"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

シェラトンホテル札幌 お勧め 2

(当記事は、外食・宿泊記事専用ブログ『まるよし出歩く』に移転しました)

続きを読む "シェラトンホテル札幌 お勧め 2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »