« セントレジス大阪 お勧め 下 | トップページ | カツカレー選集(7)~ コロンボ »

2011年5月 5日 (木)

流行語対照番外 当ブログ記事が『アサヒ・コム』で紹介

 流行語対照シリーズの一つである「~(時点)ぶり」の記事を読んだ方からご連絡をいただいた。
 この方は朝日新聞社の社員で、同社彩図『アサヒ・コム』のなかでことばに関するWebマガジン『ことばマガジン』のなかでコラムを担当している方であった。この「~(時点)ぶり」についてコラムでとりあげるにあたって、いろいろお調べになっているなか、同記事をお読みになったのである。

 コラムを書くのに、同記事を参照・引用したい、とのご趣旨だったので、承諾した。

 そうして成ったコラムが、「新種の「ぶり」が増えている」であるが、『ことばマガジン』は有料コンテンツなので、誰でもというわけにはいかない。しかし、冒頭部分だけならどなたにもお読みいただける。

『Astand』『Webマガジン』『ことばマガジン』
「ことば談話室」「新種の「ぶり」が増えている」
http://astand.asahi.com/magazine/kotoba/danwa/2011042500006.html

 残念ながら、当『まるよし講読』が紹介されているのはログインしないと読めない部分なのだが、的確に読解いただき、適切に論に組み込まれている。
 また、冒頭部分の書き出しのところも、当方の記事に対してオマージュしてくださっているように思う(都合のいい解釈ではあるが)。

 このコラムは、同新聞社の校閲部が担当している。つまり、筆者は新聞記事などの校正を担当しておられるのである。
 わたしも、出版社を通じて本を出版したときに、プロの校正というものに舌を巻いたことがある。言葉のすみずみまで目を配って表記・表現の統一を図ってくださるのはもちろんのこと、文章の内容に関することまで、さまざまな資料にあたって調べ上げ、修正や補筆の提案をしてくださるのであった。

 そういう校閲の現場にいる方に、ブログ記事を参考にしていただくのは光栄なことでもあるし、研究室でことばを扱うわたしにとっては、現場との交流は願ってもないことである。

 
 なお、この「~(時点)ぶり」の用例だが、この方といろいろ連絡をとりあったその後になって、前身掲示板のログを見る機会があり、そこで九年も前に卒業生が書き込みに使っているのを発見した。
 行き違いで申し訳ないことになったが、もはやWeb上に公開していないログでもあるし、当時はそれほど顕著にこの用法がみられたわけでもないと記憶する。だから、大々的に使われるようになったのがここ二~三年、という見解に大きな間違いはないと思う。

 なお、この ぶり の用法を規範的な表現で言い換えるのに、思いつくのは 以来 なのだが、もっと近いのは (らい) であることに最近になって気づいた。しかし、 はいよいよ古めかしく文語的な響きがあるので、なかなか日常的な表現にはならないと思われる。結局、新種 ぶり の簡潔な言い換えは、やはり難しいのである。

※2012年1月8日追記
 1月5日放映の朝ドラ『カーネーション』で、ヒロインが終戦直後にラジオで洋楽が流れているのを聴き、
こんな音楽、いつぶりやろ
 と呟いた。この時代にはあり得ない言い回しだが、簡潔な表現として採用されたのであろう。
こんな音楽、いつから聴いてへんやろ
 というのが正解であろう。気さくで気っ風のいいヒロインには
いつ以来 というやや堅い表現は似合わないので。

 

※ このカテゴリーの記事のように、まるよしの楽しい日本語の話を満載した本、ぜひお手に取ってお読みくださいね。

 『まるごと とれたて 日本語談義 -ラジオ番組『高専ライブ』で語ることばの話-』
 桐島周 2016 勝木書店 定価1500円(税込)
 
ISBN: 978-4-906485-09-3 
 (桐島周は、まるよしのペンネームです)

 勝木書店のホームページでご注文いただくのがご便利かと思います。
  http://www.katsuki-books.jp/ (書籍検索から)
 Amazon・楽天などでは購入できません。

167071880

|

« セントレジス大阪 お勧め 下 | トップページ | カツカレー選集(7)~ コロンボ »

5.6  言葉の動向」カテゴリの記事

9.9  当『まるよし講読』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/51559515

この記事へのトラックバック一覧です: 流行語対照番外 当ブログ記事が『アサヒ・コム』で紹介:

« セントレジス大阪 お勧め 下 | トップページ | カツカレー選集(7)~ コロンボ »