« 12月以降の運用など | トップページ | 復元 沖縄軽便鉄道(ネオパーク沖縄) »

2011年12月 1日 (木)

アクセス解析 2011

 更新休止月間が明けたところで、恒例により、『まるよし講読』の「アクセス解析」を分析してみることにします。
 今年はまず、「IN/OUTページ」ランキングからみてみます。

 「IN/OUTページ」とは、ブログを訪れた人が、まずどのページを見たのか(IN)、どのページを最後に去ったのか(OUT)を記録したものです。
 この四カ月の集計で、まずINページのランキングからです。もちろん、INページでダントツに多いのはトップのウェブページ「玄関口」ですが、ここでは個別記事ページのランキングをご紹介します。

1.「サッコの辱めをどうしてくれるの?」
2.「指その後(3)~ 義指の完成度」
3.「上り臨時急行「能登」」
4.「何もないから一乗谷」
5.「ソフトバンクCMは福井で撮影」
6.「寝台特急「北斗星」と食堂車「グランシャリオ」 上」
7.「 「なでる」か「なぜる」か」
8.「 再録・流行語対照(6)~ 「〈名詞〉+する」 上」
9.「教師七つ道具(2) 蛍光チョーク」
10.「神戸市バス新路線 2010~2011」

 このようになって、まあ例年のアクセス数ランキングとそんなに変わらない傾向です。個別の記事ページにいきなり入ってくるのは、検索して来る人でしょう。アクセス数もそういう一見さんの占める割合が大きい、ということですね。
 4位・6位は今年の記事なので、当然去年までのランキングにはなかったのですが、全国的な話題になった広告の話題は、かなり関心がもたれる割に、ブログ記事などが少ないのでしょう。この記事とて、わたしがテレビ番組などで聞きかじったことをまとめているだけなので、多くの方にお読みいただくのは面映いことです。豪華寝台特急については、実際に乗った記録を求める人が多く、さらに予約ディナーを食べた記録となれば、情報を発信している人数が限られ、アクセスが集中します。6位の記事でINした人は、当然「下」に移っています。

 では、OUTページランキングに…、と思いましたが、何をもってOUTとするか、その認定が難しいらしく(一旦他彩図に行ってからまた「戻る」ボタンで戻ってくる、というようなケースで)、有効データがINに比べてかなり少ないのです。ベストテンを見ても、有意なものとはとても思えませんので、これは割愛します。

 次に、面白いランキングがあるな、と思ったのが、「一人あたりの滞在時間ランキング」です。これは、どの記事がじっくり時間をかけて読まれているかを表します。これも有意なのかどうかは分かりませんが、ご紹介しましょう。

1.「看板つっこみ(27)~ クイズなのか呼びかけなのか」
2.「当ブログのカテゴリーと記事公開タイミング 下」
3.「学会のマナー」
4.「上司を批判するメール」
5.「教師七つ道具(1) 赤ペンとの邂逅」
6.「上り臨時急行「能登」」
7.「シェラトンホテル札幌 お勧め 2」
8.「京風看板の陣」
9.「「大社」の足跡」
10.「ア・カペラな謝恩会~きみたち可愛いね」

 ここから何らかの傾向を読み取るのはなかなか難しいと思いますが。
 1位からして分からない。「看板つっこみ」のシリーズは一発ギャグみたいな記事で、そんなにじっくり読むものではありません。どなたかがこの記事を表示したまま一晩寝てしまうか何かしたのでしょう。この記事だけが異様に突出しています。
 それ以外は、長かったり内容が込み入っていたりする記事が多いので、分かる気がします。5位や7位は、これを表示させておいて別タブでWeb通販彩図や旅行予約彩図にでも接続しているのではないか、と推測します。
 9位は、実は『まるよし電車区』に移した紀行で、原稿用紙にして30枚分くらいの長いものです。鉄道趣味のなかでもけっこうマニアックなピンポイント記事だと思いますので、貪るように読む方が少数いるのは、想像できます。でも、もっと長い記事もあるなかで、なぜこれが滞在時間でまさるのか、よくは分かりません。
 10位は、M40卒業生とひまわり隊関係者しか読まないような記事ですが、それだけに読み込んでくれるのでしょう。
 

 今回の解析はこのあたりで。今後も『まるよし講読』をよろしくお願いします。

Check

|

« 12月以降の運用など | トップページ | 復元 沖縄軽便鉄道(ネオパーク沖縄) »

9.9  当『まるよし講読』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/53373967

この記事へのトラックバック一覧です: アクセス解析 2011:

« 12月以降の運用など | トップページ | 復元 沖縄軽便鉄道(ネオパーク沖縄) »