« さらば明石市営バス | トップページ | 土電点描 »

2012年3月 6日 (火)

くらぶ後期末福井支部例会

 今年度最後の定期試験が終わったので、すぐに例会を、と言いたいところだが、各自試験が終わればやりたいこともあり、うまく予定がかみあわない。それで、試験明けから一週遅れの開催となった。

 現役生も増えてきたこともあって、平均年齢が少し引き下げられたので、カラオケ曲もそういうものになるかと思いきや、世代に合わない曲が出てくるので、わたしも安心して自分好みの曲を入れられる。
 以下に歌唱記録を記す。

まるよしの歌唱記録

「木枯しの二人」伊藤咲子 +5(オクターブ下げ) … 冷込みの厳しい日なので、口開けは季節感あるサッコソングで。まだ声がよく出ない。
「黄昏迄」さだまさし -3 … さださんの曲では、好きな曲ベスト5から落ちることはまずない曲。ただ、何度も転調するので、音程が難しい。サビの歌詞を忘れかけていて、ちょっと詰まってしまう。次回の課題。
「美・サイレント山口百恵 +4(オクターブ下げ) … 当時としてはかなり斬新な「伏せ字ソング」である。このメンバーではあまり歌ったことがないので、ちょっとウケを狙ってみる。
「蘇州夜曲」小田和正
-3 … 実に多くの歌手がカバーしているが、この人のバージョンで。と言っても、聴いたことはなかった。特に今風ということはなく、静かなアレンジだった。
「つばさ」本田美奈子 -5 … 大好きな曲で、歌いたかったが、難曲でもあり、カラオケでやったことはなかった。歌詞がかなり濃い女言葉なので、ちょっと恥ずかしいからでもある。声も出てきはじめたので、挑戦してみる。十小節のロングトーンも、意外に気持ちよく歌えた。
「港町十三番地」美空ひばり +5(オクターブ下げ) … キーがうまく合ったので、これも気持ちよかった。
「八つ目の青春」さだまさし
-3 … ここではけっこう評判のいいコミックソング。
「ひまわり娘」伊藤咲子 +6(オクターブ下げ) … このごろはベッキーさんの歌唱で親しまれている曲。音程がうまくとれた。
「銀河鉄道999」ささきいさお/杉並児童合唱団 原キー … これも、わたしにとっては安心して歌える曲である。声も響きがよくなってきたが、時間が残り少なくなったのが惜しい。
「乙女のワルツ」伊藤咲子
+6(オクターブ下げ) … 前回の失敗を受けて、用心深く歌う。少しはましな歌になった。点数もこの日の最高点。 

 カラオケに参加したのは、乙男・土木作業員・留学帰りの三人である。正統オタクは、参加の意志は示したものの、昼間に予定が入ってしまったので、遅れてくる。
 カラオケが終わって、その正統オタクに電話してみると、食事に合流する、とのことである。乙男らが、クルマで迎えに行く、と言ったが、現在位置が分からない、と不可解なことを言う。

 若い男性が集まっているのだから、ボリュームある食事を、と思ったのだが、最も若い留学帰りが、あっさり系がいい、などとこれまた不可解なことを言う。学生の世代であっさりというのはどういう店か、と思ったが、回転寿司に落ち着く。
 最も近い回転寿司屋でよかろう、と入ったが、久しぶりに来る店なので、忘れていた。ここは夜になると、ろくに皿を補充せず、調理場の掃除を始める、あんまり快適でない店であったのだ。他の店の名をわたしは口にしたのに、もっと強く推せばよかった。

 ともかく、寿司や揚げ物でノンアルコールビールなど呑んでいると、正統オタクも到着した。なんでも彼は、フランス留学から一時帰国した親戚のお兄さんに会い、空港まで送って行ったらしい。
 そんなこともあり、寿司屋での話題は、異文化交流、それもわたしがいるせいか、言語文化の交流が主になった。
 また、留学によるとはいうものの、留年した学生にとって、なかなか人間関係は難しいらしいことが分かる。高専のように、比較的留年の多い学校だと、クラブの後輩がいつの間にか同じクラスになったり、先輩だが学年は下、とか、兄弟が同級生、とか、さまざまなケースが出てくる。学科では同じ学年に在籍すればタメ扱いになるが、寮では入学後の年数で上下が決まるようである。
 こんな複雑な人間関係を、小中学生の段階でこなせるわけがない。だから橋下市長の案はあんまりよろしくない。むしろ義務教育を終える中学三年の段階で、最低限の学力がついていない者は卒業させない、という制度にする方がいいだろう。

 いろいろ話すうちに、客がわたしたちだけになった。長居する雰囲気の店でもないので、ちょっと欲求不満を残しつつ、店を後にした。

 さて、九州から非文化少年が帰って来たら、呑みに行ってもいいか、などと思っていたところ、わたしの研究室に工事が入ることとなり、多少荷物の移動・廃棄が必要となった。このため今日またくらぶ生に集まってもらい、作業をしてもらった。
 パソコンと周辺機器の接続・廃線などは、USJ支社長が在学中にやったままいなくなったので、わたしにはどうなっているのか、よく分からない。それで、電子情報の正統オタクと留学帰りに解読してもらい、二台のパソコンのうち一台を廃棄、残った方を元通り使えるように設置してもらった。地デジ対応でないテレビとビデオデッキも廃棄し、廃棄物倉庫に運んでもらった。こういう仕事は、機械音痴で指が不如意なわたしの手に余るので、非常に助かる。
 この作業には、非文化少年その人も参加した。この人は、夏休みと同じく、帰省中ほぼ毎日母校に通ってきて、その多くの時間をわたしの研究室で過ごすのである。
 工事が入るのは他の研究室も同じなので、周囲の先生にもついでに使われたりして、くらぶ生には大変苦労をおかけした。
 お礼を兼ねて、夕食に出かけたのだが、今日は大胆にも非文化少年の「とっておき」の店に行くことにした。怖いもの見たさという部分が大きかったが、行ってみると、焼肉から通常の居酒屋メニュー、それにビビンパや越前そばまで、多彩なメニューが大変美味しい、意外にまともな店だったのは、収穫である。
 今日はありがとうございました。

Check

|

« さらば明石市営バス | トップページ | 土電点描 »

9.1  まるよしくらぶ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/54087485

この記事へのトラックバック一覧です: くらぶ後期末福井支部例会:

« さらば明石市営バス | トップページ | 土電点描 »