« ウェスティンホテル仙台 お勧め3 | トップページ | 神戸市電最期の日 上 »

2012年7月13日 (金)

看板つっこみ(36)~ 危険すぎて

 駅というのも、いろいろな掲示物や看板がひしめいている場所である。
 だから無意識に眼がネタを探したりしているのである。

 地方私鉄の駅で、改札口に掲げられている色紙を見た。標語というのか、決意表明というのか、この色紙がなぜここにあって誰の何をあらわしているのかも、よく分からんのだが。地元の利用客には分かってることなんだろうか。
 二つ並んだ色紙のうち、右側はまあいいとして、左側はどうなのか。こんなの貼ってていいのか。まるよしくらぶの誰かが書いたんじゃないだろうな。

 しかも、左にもう一つ掲示物があるから、問題の色紙が中央に鎮座しておるではないか。

11y231282b

 左側は誰かの決意表明ではないと思うが、なにが危険物だ。中央の色紙の言葉の方がよほど危険ではないか。こんな生き方を車内に持ち込まれては、マナーが崩壊する。

 ああ、これで思い出したが、ある地方の空港では、危険物に関するこんな掲示を見た。

 119031668b

 持ち込もうとする人、いるのか。

※ このカテゴリーの記事のように、まるよしの楽しい日本語の話を満載した本、ぜひお手に取ってお読みくださいね。

 『まるごと とれたて 日本語談義 -ラジオ番組『高専ライブ』で語ることばの話-』
 桐島周 2016 勝木書店 定価1500円(税込)
 
ISBN: 978-4-906485-09-3 
 (桐島周は、まるよしのペンネームです)

 勝木書店のホームページでご注文いただくのがご便利かと思います。
  http://www.katsuki-books.jp/ (書籍検索から)
 Amazon・楽天などでは購入できません。

167071880

|

« ウェスティンホテル仙台 お勧め3 | トップページ | 神戸市電最期の日 上 »

5.2.2   看板つっこみ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/53816498

この記事へのトラックバック一覧です: 看板つっこみ(36)~ 危険すぎて:

« ウェスティンホテル仙台 お勧め3 | トップページ | 神戸市電最期の日 上 »