« 新東名経由の昼行高速バス | トップページ | 鉄道交流ステーションの二重螺旋模型 »

2012年9月11日 (火)

800記事めにあたって

 世間より遅めの夏季休暇の間、短い更新休止期間をおかせていただいたが、本日から再開である。

 たまたまだが、次の記事、すなわち9月14日に投稿を予定している記事をもって、当ブログの投稿記事数が800記事に達することになる。
 平成17年10月の正式開設から約七年、ここまで続けてこられたのは、読者のリアクションや励ましの賜物であるが、このままどこまでいけばいいのだろう、という気もする。
 そこで、このへんで一応の目標を設定しておこうと思う。

 現在の投稿ペースでいくと約二年後になると思われる1001記事めをもって、一応このブログの大きな区切りとしたい、と思っている。
 1000記事でなく1001記事とするのは、千夜一夜物語とか、星新一氏のショートショートとかを意識しているわけだが、まあ最後の記事はお別れの挨拶になろうから、実質は1000記事ということになる。

 もちろん、そこで公開自体をやめるわけではなく、その後も読んでいただけると思うが、その先どうするかは、特には考えていない。一定の休養期間をとるか、そのまま直ちに新体制に入るかも。
 後継となるメインブログを開設するか、ジャンル別のブログに分割するか、そのへんも分からない。鉄道趣味資料庫としての『まるよし電車区』は今でも運用しているが、そちらは続けていくことになるだろう。
 あるいは、その頃にはもうブログというアイテムが時代後れになっていて、他のアイテムでの情報発信をしなければならないかもしれない。現在でも、かつてのこのブログの内容や機能をかなりSNSに移し、その分記事投稿頻度を落としている。活字メディアに本格デビューしてそちらに軸足を移す、という極めて理想的な状況になったら言うことはないが、なかなかそうはいかないだろう。しかし可能性はゼロではない。
 はたまたもしかしたら、いざ1001記事めになってみたら、とても止める気にはならず、そのまま続けるかもしれない。実際に近づいてきたらまた考えてお知らせすることにする。

 いずれにせよ、こうしてゴールを決めたからといって、格別このブログの更新と管理のあり方に変化はない。
 今後とも、まるよしと『まるよし講読』 をよろしくお願いします。
 

|

« 新東名経由の昼行高速バス | トップページ | 鉄道交流ステーションの二重螺旋模型 »

9.9  当『まるよし講読』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/55095009

この記事へのトラックバック一覧です: 800記事めにあたって:

« 新東名経由の昼行高速バス | トップページ | 鉄道交流ステーションの二重螺旋模型 »