« COMPLETE BOXから ~『Slow Motion』 | トップページ | シニアミーティング 2012 »

2012年12月11日 (火)

清盛の1dayパスでゆく神戸

※当記事の内容は、公開時点のものであり、最新ではありません。また、運賃・ダイヤなどについては各鉄道会社の公式サイト(神戸市交通局 など)をご覧ください。

 これもまた大河ドラマ『平清盛』に因んだ期間限定の企画として、神戸の特定区間をフリー乗車できる「KOBE de 清盛 2012 1 dayパス」という、なんとも入力モード切換が面倒な名の磁気カードが発売されている。 

129122363

 『平清盛』に関する展示館も開設されているし、せっかくだからこの切符を使ってそれらを観て回ることにした。

 まず、市営地下鉄海岸線ハーバーランド駅近くに、「ドラマ館」が設けられている。
 これらの展示館の入館料は、この1dayパスを提示すると割引になるのだが、もちろんそのパスを使う当日のみ適用である。しかし、わたしは1dayパスを使い始める前に「ドラマ館」に赴いた。だからまだ使用日が入っていない。どうなることかと思ったが、カードを提示するだけで、すんなり割引が適用された。
 ドラマ館に入ってみると、ドラマを観ていればよく分かるような、かずかずの展示がある。大輪田泊(おおわだのとまり)を基礎に発展した兵庫港や福原(ふくはら)遷都の様子などを辿ったビデオも上映されている。記念撮影を強制的にされるのは、この頃あちこちで出会うことだが、これはわたしの好みと違う。
 写真の購入は断って、退出する。土産物もふんだんに売られている。

 地下鉄に乗って中央市場前へ移動する。この駅の近くに、「歴史館」があるのである。中央市場前駅は兵庫港にも近いので、ここに設けたのだろう。駅のコンコースには、『平清盛』に因んだ壁画のような飾りつけがなされている。

127220968

 歴史館は、地上に上がってすぐの所に建てられていた。よくこんな土地があったものである。以前は何だったんだろうか。  

Hktr0067b

 歴史館といいながら、ドラマの衣裳や小道具の展示もあったし、ドラマ館との内容分担はそんなに厳密ではない。時間がなければどちらかを見学するだけでもいいだろう。ここを起点にしたガイドつき歴史めぐり徒歩ツアーなどもあり、これは値打ちだろう。歴史館の方が地元に足の着いた感じのもてなし、ドラマ館はよそゆきの展示、という感じか。
 前の庭はアスファルトなので照り返しがきついが、テントも設けられ、売店でアイスクリームなども買える。
 前をバス道が通っている。中央市場前停留所が目の前で、道路の向かい側は中央市場である。若干の飲食店もビルの中にあるが、何にしろ卸売市場なので、その営業時間には注意が必要である。 

127221062

 歴史館北東側は、築島(つきしま)交叉点である。地名からして古い埋立地だと分かる。三方向とも昔は市電が通っていた所だ。いまは市バスが運行する。写真の奥の方に島上町(しまがみちょう)電停があった。清盛が築造した経ヶ島(きょうがしま)はそのあたりだという。

127221072

 
 見学を終え、海岸線で新長田(しんながた)まで行き、山手線に乗り換える。すると、山手・西神線のホームにこのような掲示があった。

127221093

 なるほど。山陽電車は一ノ谷の古戦場に近い須磨浦(すまうら)公園までをフリー区間としている。ところが、市営地下鉄は、三宮(さんのみや)と新長田に挟まれた環状区間だけがフリー区間である。だから、海岸線から山陽電車に乗継ぐときに順路であるはずの西神(せいしん)線経由の板宿(いたやど)乗換えができないのである。
 これは明らかにフリー区間の設定ミスであろう。それぞれの社局の路線しか見ておらず、ネットワークを考えていないのである。フリー切符の客に、西神線新長田~板宿の一駅間に乗られたとしても、実害はないはずである(どうせ山手線長田~新長田に誘導しているのだから、一駅乗ることになるのは同じだ)。運用してみてこういう問題が起きたと分かれば、板宿経由の乗車も有人改札を通ることで認めるなど、柔軟な対応をするべきだ。

 さて、その山陽電車で須磨浦公園まで行ってみよう。高速長田から下りの直通特急に乗る。以前は山陽須磨で普通車に接続していたが、今はダイヤが変わって、少し待ち時間が生じる。タイミングよく、上りの直通特急が清盛の化粧をして入ってきた。 

12x281390 12x281380

 須磨浦公園駅の近くに、敦盛塚がある。十六歳で討ち死にした平家の武将平敦盛を祀っているらしいのだが、誰がいつ建立したものか、詳細は分かっていない。ともかく、平家物語の敦盛最期の段を読めば胸が熱くなるのが日本人なのだろう。
 脇には歌碑が建っており、また「敦盛そば」という蕎麦屋もある。この店は、神戸の人なら知らない者はないほど有名な老舗である。

12x281370 12x281375

 敦盛塚の本体たる五輪塔は、中世のものとしては相当な大規模を誇る。
 塔の裏側に接して山陽電車の線路が通っている。山陽電車は開通当時は上の「敦盛そば」の向こうに見える国道2号上の路面軌道として海沿いを走っていたのだが、山際の専用軌道に移設された。その線路もこんなに近いのだから、いかに山が海に迫っているかが分かる。

12x281371

 須磨の地名の由来にも諸説あるが、京や浪花から見て陸地の「すまっこ」、つまり地峡であることを表す、というのが一説となる。

 なお、この1dayパスには、清盛ゆかりの旧跡で特典を受けられるチケットが添付されている。これはパス本体の使用日にかかわらず、来年の1月まで有効だ。まだ使っていないが、それまでに足を運んでみたい。
129231163

|

« COMPLETE BOXから ~『Slow Motion』 | トップページ | シニアミーティング 2012 »

3.2  乗物観察・見聞」カテゴリの記事

7.2.5.0  TVドラマ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/55631076

この記事へのトラックバック一覧です: 清盛の1dayパスでゆく神戸:

« COMPLETE BOXから ~『Slow Motion』 | トップページ | シニアミーティング 2012 »