« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の記事

2013年7月30日 (火)

「港町十三番地」歌碑

 東京に出かけたついでに、京急大師(だいし)線の港町(みなとちょう)駅に寄った。ここに美空ひばりさんの歌碑ができた、と聞いたからである。

 わたしは、美空ひばりさんを愛好するような世代では全くないのだが、なぜか惹かれるものがあった。一時、具体的にはひばりさんが亡くなって暫くした後だが、貪るようにひばりナンバーを聴いていた時期がある。

続きを読む "「港町十三番地」歌碑"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月26日 (金)

『伊藤咲子全曲集 ~女の歌~』 下

「『伊藤咲子全曲集 ~女の歌~』 上」 からつづく)

 『伊藤咲子/伊藤咲子全曲集~女の歌~』の私的解題を続ける。五曲めからである(左記リンクは、『楽天市場』の当該商品ページに跳びます。購入もできます)

続きを読む "『伊藤咲子全曲集 ~女の歌~』 下"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月23日 (火)

神戸市バス 北区の移譲路線

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "神戸市バス 北区の移譲路線"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月19日 (金)

やっぱり『あまちゃん』

 『あまちゃん』は、やはり『ちりとてちん』ファンにとっても安心して愉しめる朝ドラのようである。
 おおっぴらに言われてはいないが、かなり『ちりとてちん』を準拠枠として使っているのでは、と思う。AK制作の朝ドラとしては珍しいことである。『ゲゲゲの女房』でヒロインがかなりどんくさい造型をされて、外でキャリアを積むのでなく家業と夫を支える役割をしていたことくらいしか従来思い当たらなかったが、『あまちゃん』は、作品構想のレベルで『ちりとてちん』と共通している。

続きを読む "やっぱり『あまちゃん』"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月16日 (火)

列車内での飲食ガイドライン(まるよし流)

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "列車内での飲食ガイドライン(まるよし流)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月12日 (金)

『伊藤咲子全曲集 ~女の歌~』 上

 5月に発売されたサッコさんの新しいアルバムが、『伊藤咲子/伊藤咲子全曲集~女の歌~』である(左記リンクは、『楽天市場』の当該商品ページに跳びます。購入もできます)4月のバースデイライブの会場で予約を受け付けていたので、一番のりで申込み、その特典としてサイン色紙付きで自宅に送られてきた。

 この間 COMPLETE BOX が出たばかりなのにまた全曲集とは…? と思ってしまうが、従来のベスト盤と同じく、全曲といっても網羅的に収録されているわけではない。今のサッコの魅力を堪能できる曲を全て集めた、というくらいの意味だろう。
 「全曲」ではないにしても、新曲、これまでCDにされなかったカバー曲のほか、従来の定番曲がアレンジを変えた新録音で入っていたりするので、やはり聴かないわけにはいかない。再録の曲を除き、また私的解題を加えておきたい(特に断らない場合、作詞は阿久悠、作曲は三木たかしである)

 収録曲は十六曲だが、純粋な新曲は「キャラバン」だけだから、同曲には特に字数を割くことにする。


続きを読む "『伊藤咲子全曲集 ~女の歌~』 上"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年7月 9日 (火)

下関のロンドンバス

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "下関のロンドンバス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

誤読しそうになったニュースタイトル(2)

 やっぱりこの趣向はシリーズになりそうである。意識してよく分からぬタイトルをメモしていると、すぐに溜まる。現代日本語の文法や表現を考えるのにいい題材なのだ。
 早速順不同で挙げていこう。

続きを読む "誤読しそうになったニュースタイトル(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 1日 (月)

隣同士の駅で人名になる

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "隣同士の駅で人名になる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »