« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の記事

2013年12月27日 (金)

的外れな批判的ホテルレビュー 下

「的外れな批判的ホテルレビュー 上」からつづく)

 シティホテルとビジネスホテルの混同の例は、枚挙に暇ない。次もそんな例である。都内の外資系ラグジュアリーホテルのレビュー。

続きを読む "的外れな批判的ホテルレビュー 下"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

鏡像としてのそっくり芸能人

 以前の記事でも述べたが、いろんな人(物)に似ている、と言われるわたしながら、自他ともに最も納得のうえで似ていると思ったのが、かつて人気バンドのボーカルだった同世代のシンガーである。
 そのことをここしばらくあちこちで話す機会があり、画像検索で検証して、確かに似ている、という傍証言も多く得たから、いっそう確信をもっている。

 そして、こういうことを自分から話す心境になったのは、歳のせいなのか、とも思っている。

続きを読む "鏡像としてのそっくり芸能人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

下り「トワイライトエクスプレス」~ 夏も大遅延 甲

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "下り「トワイライトエクスプレス」~ 夏も大遅延 甲"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月17日 (火)

注意書きつっこみ(3)~ ダブルスタンダード

 尾籠な話になって恐縮だが、公衆便所もこのごろは快適になってきた。
 手の不自由な者にはありがたいことに、シャワートイレが完備している所もできてきたし、さらにありがたいことに、それがリモコンで操作できたりするのである。

 しかし、そのリモコンの表記がいつも気になってしまう。

続きを読む "注意書きつっこみ(3)~ ダブルスタンダード"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月13日 (金)

あべの・上本町循環バス

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "あべの・上本町循環バス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

節目伏目の11月

 更新休止していた11月は、いろいろなことがあった。昔から、いろいろなことが起きる月だから更新休止月間に定めているのだが、今回は喜ばしいことも多かった。

続きを読む "節目伏目の11月"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

的外れな批判的ホテルレビュー 上

※ 『まるよし講読』は当記事をもってちょうど900記事に到達します。初期の頃の記事の「毒」が懐かしい、と仰有る方もいらっしゃるので、ちょっと「毒」含みの内容を充てました。あしからず。

 いわゆるグルメ彩図などで、無責任というか野放図というか、そういう「口コミ」に頭を悩ませる店も多いという。
 客だから何を言ってもいいというものではないと思うし、批判なら店相手に言えばいいことで、公開する必要はないと思うのだが、店の悪口を書く人も多いようだ。
 ホテルもそれは同じで、ホテル予約彩図にも口コミ欄はある。しかし、そこに書き込まれている悪い評価を見ると、全くホテルに同情してしまうようなものが散見される。わたしはホテル滞在を愉しむ人間なので、そういうおかしなレビューでホテルにやる気を失くされたりしては困るし、ましてサービスが妙な方向に変わってしまうのも困る。

 この記事では、主にわたしが使ったホテルに書き込まれていたレビューで、あまりにもホテルが気の毒になるようなものをいくつか挙げてみる。
 ホテルや書き込んだ人が特定されるのを避けるため、少しアレンジや要約をして、擬似引用として例示する。

続きを読む "的外れな批判的ホテルレビュー 上"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 3日 (火)

更新再開・アクセス・今後

 定例更新休止月間を終えて、更新・管理を再開しました。
 今後も、火曜・金曜に記事投稿するペースは変わりません。
 次の記事、つまり12月6日(金)投稿予定の記事をもって当ブログの記事数が900記事に達することになります(『まるよし電車区』に移転した記事を含む。削除済みの記事は除く)。目標の1001記事まで、残り一年強のラストスパートにかかります。

 恒例のアクセス解析の分析に移りますが、今回は異変が起きています。

続きを読む "更新再開・アクセス・今後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2014年1月 »