« 的外れな批判的ホテルレビュー 下 | トップページ | 下り「トワイライトエクスプレス」~ 夏も大遅延 乙 »

2014年1月 7日 (火)

『ちりとてちん』と『ごちそうさん』の連続

 『あまちゃん』が昨年の『紅白歌合戦』で真の完結をみた。『ちりとてちん』と『あまちゃん』の類似点・共通点については、さんざん述べてきたのだが、今季の朝ドラ『ごちそうさん』にも、また別の意味での『ちりとてちん』とのつながりが見うけられる。

 その前に、『ちりとてちん』の今週の放送について、ご注意いただかねばならないので、触れておこう。

 本放送時は、通常は一週六回のところ、年末年始の曜日の関係で、第13週が五回、第14週が二回という変則的な構成になっていた。
 このため、今週は昨日(6日月曜)から10日金曜までは第13週の五回を、そして11日土曜はいつもより十五分早い7時00分から第14週二回分続けての放送となる。録画や試聴には注意が必要である。

 わたしも、今回の再放送(BSプレミアム 月~土 朝7時15分~)は愉しんで観ているのだが、やはり一日一回ずつ放送してくれるのはいい。朝ドラというのはそう観るように作られているのだなあ、とつくづく思う(しかし先述した第14週の二回だけは、正月バージョンというのか、連続して観てもさし支えない内容であり、よく考えられた放送スケジュールだと思う)。
 雪国の常として、冬季は特にBSの受信状況が悪くなり、せっかく朝起きても視聴できない日がしばしばある。そういうとき、わたしはDVDを持っているにも関わらず、わざわざ『NHKオンデマンド』で当該回分を購入して観るようにしている。DVDをパソコンに入れてしまったら最後、際限なく観つづけたくなる誘惑に勝つ自信がないからである。

 そして、現在この『ちりとてちん』に続けて、7時30分から『ごちそうさん』のBS先行放送につながるわけである。続けて観ると、どうしても比較検討してしまう。
 作品世界にそれほど共通するものはない。和田(→青木)喜代美(貫地谷しほり)と違って 卯野(→西門)め以子(杏)は最初から行動的・楽天的で、どちらかといえば伝統的な朝ドラヒロイン像に則っている。

 『ごちそうさん』を観ていて、最も『ちりとてちん』を想起させたシーンは、め以子 の方から 西門悠太郎(東出昌大)にプロポーズしたところである。女性が男性の前で手をついて一生を決めるお願いをする。しかし、返事は「お断りします」であった。
 もちろん、喜代美 徒然亭草若(渡瀬恒彦)に弟子入りを懇願した時と同じ構図、同じ科白で拒絶、ということである。しかも、その後 喜代美 野口順子(宮嶋麻衣)に、め以子 野川民子(宮嶋麻衣)らに(役名も似ている)、それぞれ励まされて、想いを遂げることになる。宮嶋さんは『カーネーション』にも『純と愛』にも出演しており、もはやBK朝ドラには欠かせない女優さんに成長したようである。

 め以子 を苛めぬく小姑 和枝(キムラ緑子)を財産目当てで騙して結婚しようとする、安西教授の名を騙る詐欺師を家に招いて食事を出した時、教授が長崎出身だと聞いて長崎の郷土料理を出した め以子 であるが、教授はそれが故郷の名物だということが分からない様子である。これを見て 悠太郎 は教授の素性に疑念を抱く。
 教授は何とかその場を言いつくろうが、わたしなど、これは逆「ちりとてちん」ではないか、と可笑しかった。この教授にこそ、腐った豆腐を適当に味付けして「長崎名物ちりとてちん」だと言って出せばよかったのだ。教授は顔を歪めて「うまいっ」と言ったのではないか。
 放送時期としては、ちょうど 喜代美 が初高座から二回めの高座をめがけて「ちりとてちん」の稽古に励んでいたのと同じ頃だから、余計に可笑しい。教授の出身地を長崎にする必然性はないのだから、これも『ちりとてちん』を意識した設定なのかもしれない。

 宮嶋さん以外の出演者の重複で言えば、やはり仏壇屋の 菊江 と小姑の 和枝 とが同じキムラ緑子さんが演じていることが、注目される。
 というより、わたしの周りと話しても、この二人が同じ人であることに気づいていない人が少なくなかった(嬉しいことに、『ちりとてちん』の本放送を観ていなかった人でも、わたしの勧めに応えて今回の再放送を観てくださったりしているのである)。
 片や 小草若(茂山宗彦)を優しく包む母代わり、片や徹底的ないけずをする義姉、と全く異なるキャラで、メイクも異なるのだから、判りにくいのは無理もないが、それにしても見事な演じ分けである。

 以前も指摘したとおり、『ちりとてちん』は敢えて阪神淡路大震災の話題を避けているが、ちょうどその「二年飛ばした」ところの放送と並行して『ごちそうさん』の関東大震災とその後の混乱が描かれたのは、なかなか面白い符合である。
 『ごちそうさん』は最後には太平洋戦争による大阪空襲まで話が進むようだし、今後時代とストーリーがどう絡み合わされていくのか、楽しみである。

 なお、『ちりとてちん』公式彩図には、再放送に合わせて貫地谷しほりさんからのメッセージが掲げられている。貫地谷さんが今でも自分を「喜代美」と称していること、ファンとしてこれほど嬉しいことはないだろう。
 また、貫地谷さん主演の新たなNHKドラマ『おふこうさん』も今日23時15分からスタートするという。これの主人公がまた何ともビーコ的な人物らしいので、これも楽しみだ。

(↓解題本『『ちりとてちん』に救われた命』は、平成26年末をもって、書店・Webでの販売を終了します)  

|

« 的外れな批判的ホテルレビュー 下 | トップページ | 下り「トワイライトエクスプレス」~ 夏も大遅延 乙 »

7.2.5.0  TVドラマ」カテゴリの記事

7.2.5.2   『ちりとてちん』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/58795554

この記事へのトラックバック一覧です: 『ちりとてちん』と『ごちそうさん』の連続:

« 的外れな批判的ホテルレビュー 下 | トップページ | 下り「トワイライトエクスプレス」~ 夏も大遅延 乙 »