« 太平洋フェリー「きそ」南航 | トップページ | 開拓の村を歩きかけて »

2014年2月25日 (火)

看板つっこみ(43)~ ささやかな違和感

 毎日のように通る通勤途上の道でも、けっこうこのシリーズのネタを見つけている。今日も、ちょっとしたネタである。

 これは、自転車で何気なく通りすぎようとして、片目にちょっと見て、何か違和感を覚えて急ブレーキをかけた。変哲のない看板なのだが、何が引っかかるのだろう、としげしげ眺めてみる。

136091790

 二度三度と見て、やっと気がついたのが、転移 であった。病気じゃないんだから。

 テストの採点をしているときもそうなのだが、だいたい誤答というのは、どこが間違っているか、理屈で意識する前に、直観的にひっかかるものである。

※ このカテゴリーの記事のように、まるよしの楽しい日本語の話を満載した本、ぜひお手に取ってお読みくださいね。

 『まるごと とれたて 日本語談義 -ラジオ番組『高専ライブ』で語ることばの話-』
 桐島周 2016 勝木書店 定価1500円(税込)
 
ISBN: 978-4-906485-09-3 
 (桐島周は、まるよしのペンネームです)

 勝木書店のホームページでご注文いただくのがご便利かと思います。
  http://www.katsuki-books.jp/ (書籍検索から)
 Amazon・楽天などでは購入できません。

167071880

|

« 太平洋フェリー「きそ」南航 | トップページ | 開拓の村を歩きかけて »

5.2.2   看板つっこみ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/57696853

この記事へのトラックバック一覧です: 看板つっこみ(43)~ ささやかな違和感:

« 太平洋フェリー「きそ」南航 | トップページ | 開拓の村を歩きかけて »