« 福鉄ドイツ電車と工事中の田原町駅 | トップページ | 小松のEVバス »

2014年9月 2日 (火)

看板つっこみ(46)~ 対象格なのか何なのか

 このごろ、特にアルコールや煙草に対する世間の眼が厳しくなっている。
 そういう趣旨の注意書きもいろんな所に掲示されるようになった。当然、文面もさまざまである。そんな例の一つを挙げる。

147201081

 ある飲食店(駅構内のそば屋)にあった注意書きである。

当店は、未成年者への酒類のご注文をお断りしております。

 とある。店員の年齢を把握していないといけない、ということか。
 まあ、実際は明らかに成人のおばちゃんしかいなかったけれど。これも、言いたいことは分かるんだがなあ。
 ご注文 ではなく、ご提供 とすればよかったのかな。ただ、仮にも客である人を 未成年者 と呼ぶことにもちょっと違和感がある。未成年のお客様 と言ってほしいところで、そうなると、全文を書き換えざるを得ない。

当店では、未成年のお客様に酒類のご提供はいたしません。

 こうしたほうが、礼儀は正しく、しかも明確な意志を伝えられるのではなかろうか。
 なかなか難しく、考えさせられる文例であった。 

※ このカテゴリーの記事のように、まるよしの楽しい日本語の話を満載した本、ぜひお手に取ってお読みくださいね。

 『まるごと とれたて 日本語談義 -ラジオ番組『高専ライブ』で語ることばの話-』
 桐島周 2016 勝木書店 定価1500円(税込)
 
ISBN: 978-4-906485-09-3 
 (桐島周は、まるよしのペンネームです)

 勝木書店のホームページでご注文いただくのがご便利かと思います。
  http://www.katsuki-books.jp/ (書籍検索から)
 Amazon・楽天などでは購入できません。

167071880

|

« 福鉄ドイツ電車と工事中の田原町駅 | トップページ | 小松のEVバス »

5.2.2   看板つっこみ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/59922143

この記事へのトラックバック一覧です: 看板つっこみ(46)~ 対象格なのか何なのか:

« 福鉄ドイツ電車と工事中の田原町駅 | トップページ | 小松のEVバス »