« 奥越の駅二題~ 九頭竜湖と勝山カフェ | トップページ | 南越線開業100周年特別展 »

2014年9月30日 (火)

五百年後の「古典」のテスト問題

 久しぶりにちょっとシュールな記事を書く。

 先日、ラジオで「五百年後の日本語がどうなっているか」ということを話題にのぼらせたのだが、そこから派生して、五百年後の学生は、国語(という科目名でもなくなっていそうだが)で、どのような古典の勉強をするのだろう、という疑問も頭をもたげた。
 現代の日本語も、五百年後の学生にとっては古典語ということになるから、理解に苦労するのであろう。

 そこでここでは、五百年後の古典のテストを想定して作ってみた。
 設問の文などは、未来の日本語を想定して書かねばならない。ここは、一応専門的な立場から、こんな感じになるだろう、という予測のもと、創作してみた。文法(用言の活用など)や語彙はどんどん変化すると思うので、ここ五百~千年くらいの変化をさらに推し進めるようなかたちで想定する。主語~修飾語~述語 というような語順などは、そんなに変化しないと思う。

 まあ、平安時代の人からみたら、わたしたちのやっている古典のテストなども、これくらいハズしているのではないか、と思っている。

 では、どうぞ。

西暦2610年度 中位古典(昭和末・平成期)日本語・日本文化学 最期な試験

1.以下な文章わ: 平成時代に書きれた歌謡評論じゃる。これお読みり* 後な問お答えれ!

(本文略)

(1) 空欄〔ペ〕わ:浮かびり文字aな問いかけ「そこに愛はあるのかい?」お対する答じゃるけじょ; この空欄おしゅと埋めれるな平成時代な慣用句あず@ しに適合なものお、次な1~5から選びり* 番号じぇ答えれ!

 1.その発想はなかったわ
 2.ただしイケメンに限る
 3.ぼくは死にましぇーん
 4.働いたら負けかなって
 5.あてが雁之助でおます

     <正解:2>

(2) 浮かびり文字b「君よ八月に熱くなれ」と書きりありるけじょ; なんでわい熱くなりるのか? 理由あずしに適合なこん時代の事情お、次な1~5から選びり* 番号じぇ答えれ!

 1.鉄は熱なうちに打ちらねといけりなくしりたびこーす
 2.地球温暖化の問題まじゃ解決しる前じゃったびこーす
 3.為末大なツイッターが炎上お繰りり返しりたびこーす
 4.アンドロイド端末の発熱がすさまじくしりたびこーす
 5.見えりねくなるまじぇずっとずっとラブじゃびこーす

     <正解:4>

(3) 半浮かびり文字α「巨人」と書きりありるけじょ; 文脈と時代さい考えり@ ここじぇ言いる「巨人」とは何のことお指しりいると考えれるか? 次なうちからしに適合なものお選び* 番号じぇ答えれ!

 1.進撃の巨人
 2.読売ジャイアンツ
 3.オール巨人
 4.オロナインC
 5.和田アキ子

     <正解:2>

(4) 半浮かびり文字β「それな」と書きりありるけじょ; この語お当時「親爺」と呼びられた中年男性が嬉しげく使いると嘲笑しれるくなりったわ: 何年からか? 西暦じぇ答えれ!

     <正解:2014年>

(5) 現世じぇも「パン屋再襲撃」がぴんよく知りれてるな@ この時代お代表しる作家な名お次なうちから一つ選びり* 番号じぇ答えれ!

 1.村上春樹
 2.加藤シゲアキ
 3.ブール進々堂
 4.織田信成
 5.もう中学生

     <正解:1>

(6) 浮かびり文字c「ひこにゃんとふなっしーの人気の要因には、決定的な違いが存在する」と書きりありるけじょ; こん理由お14文節以内で簡潔く説明しれ!

 <解答例: ひこにゃんわじむとな行事おいんぽしるっくすなきゅとが受けりたてんびん@ ふなっしーわ非公認きゃらじぇあり中の人がしゃべりおりうざいびこーす◎>

(7) 〔発展問題〕 昭和平成期な日本な文化風俗ばう説明しりった次な文から、正しなものお一つ選びり* 番号じぇ答えれ!
  

 1.政治家な不祥事お謝罪しるな会見じゃ号泣しるが普通じゃりった。
 2.ポケベルが鳴りらねったのわパスワードが間違いりったこーすじゃる。
 3.「渡る世間は鬼ばかり」と言いりるばい「鬼」とわ泉ピン子なことじゃる。
 4.「月見バーガー」わ季語あず夏? 秋? ばう激しな論争が起きりった。
 5.ウルトラマンわカップヌードルお食べれることができりねった。

     <正解:5>

 しょじぇ、こな試験じぇ合格点お取りれねった者わ、火星分校じぇの合宿え参加しるなとへなりる。

※ このカテゴリーの記事のように、まるよしの楽しい日本語の話を満載した本、ぜひお手に取ってお読みくださいね。

 『まるごと とれたて 日本語談義 -ラジオ番組『高専ライブ』で語ることばの話-』
 桐島周 2016 勝木書店 定価1500円(税込)
 
ISBN: 978-4-906485-09-3 
 (桐島周は、まるよしのペンネームです)

 勝木書店のホームページでご注文いただくのがご便利かと思います。
  http://www.katsuki-books.jp/ (書籍検索から)
 Amazon・楽天などでは購入できません。

167071880
 

 

|

« 奥越の駅二題~ 九頭竜湖と勝山カフェ | トップページ | 南越線開業100周年特別展 »

5.0ことば」カテゴリの記事

6.0教育・研究」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/60361136

この記事へのトラックバック一覧です: 五百年後の「古典」のテスト問題:

« 奥越の駅二題~ 九頭竜湖と勝山カフェ | トップページ | 南越線開業100周年特別展 »