« 房総半島縦断 下~ 「急行」とスィーツ列車など | トップページ | シングル「ラスト・メール」 »

2015年1月 6日 (火)

当ブログ最後の新年

 あけましておめでとうございます。
 また、定例更新休止月間である11月を挟んで、二カ月以上も更新・管理を休ませていただき、恐縮です。本日より再開いたします。

 当ブログでも何度か新年のご挨拶をしてきましたが、おそらくこれが最後になります。
 以前の記事でも申し上げたとおり、当ブログは1001記事めの投稿をもって更新を終了します。その方針に変わりはありません(当記事は979記事めです)。

 ブログと各種SNSを使い分けてきましたが、Web上の活動のかなり多くの部分をFacebookで行うようになってきました。Facebookは、ブログの他、mixi・Twitterでやってきたようなことが全てできるわけですし、実際お付き合いのある方の大半がFacebookに登録されていることもあり、それなら全面的にFacebookに移行する方がいい、という判断からです。
 ブログにせよmixiにせよ、そこで新たな出会いがあったりもしたのですが、それが長く有意義なつながりに発展することは、わたしの場合はありませんでした。
 むしろ、そういうWeb上でのみお付き合いのある方とは、距離のとり方が難しいと言いますか、わたしと先方とで意識がすれ違ったまま、ストレスが溜まっていくような結果になることがほとんどでした。おそらく先方にはストレスはないのでしょうが、「Web上の文字だけのお付き合い」に相応しくないような立ち入った態度で接してこられることに、わたしの方が疲れ果てて、自らの心身を守るためにも、そういう方々のコメントを拒絶せざるを得なくなりました。
 Facebookでそういうことが全くないわけではありませんが、何と言っても本名での登録であり、ブログでの経験から、直接面識やつながりのある(あった)方しか友達として承認していませんので、素性や人となりを分かったうえで対処できますし、公開範囲を適切に設定することで、ある程度回避もできます。そういうことに慣れてくると、無防備に公開しているブログというものがそら恐ろしくもなってきます。

 

 もちろん、ブログを否定するわけではありません。
 まとまった文章を、良質な体裁ないし見た目を伴ってWeb上に発表するには、 ブログというアイテムは秀逸だと思います。
 しかし、やっぱりFacebookで公開範囲を区切ったりすることに馴れてきますと、ブログでの全世界への公開には、それなりの覚悟をもった文章しか書けなくなりましたし、内容も厳選しなくてはなりません。それが、記事を書くことの負担を増大させてきましたし、当ブログの記事も、まずFacebookの「ノート」として公開して反応を見定めたうえで転記する、というケースが増えてきました。
 これは、時代の流れによる変化でしょう。

 

 そういうことなので、記事数としてもきりがよく、時期としても今年度いっぱい、というところで当ブログの更新を終了します。
 更新終了後の扱いについては、改めてご案内しますが、いきなりブログを全削除するようなことはありません。当分の間はお読みいただくことだけはできるようにしておくつもりです。

 

 あと暫くの間、『まるよし講読』をよろしくお願いいたします。

|

« 房総半島縦断 下~ 「急行」とスィーツ列車など | トップページ | シングル「ラスト・メール」 »

9.9  当『まるよし講読』」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/129332/60238829

この記事へのトラックバック一覧です: 当ブログ最後の新年:

« 房総半島縦断 下~ 「急行」とスィーツ列車など | トップページ | シングル「ラスト・メール」 »