3.8 運休・遅延・事故

2013年8月30日 (金)

「あかつき82号」(震災臨時)の記録 下

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "「あかつき82号」(震災臨時)の記録 下"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月16日 (金)

「あかつき82号」(震災臨時)の記録 上

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)  

続きを読む "「あかつき82号」(震災臨時)の記録 上"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月25日 (火)

福鉄部分運休時の様子

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "福鉄部分運休時の様子"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 4日 (水)

福鉄の部分バス代行

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "福鉄の部分バス代行"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

列車遅延と処理(3)

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "列車遅延と処理(3)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

電車の脱輪 下

 さて、前回の記事では、一般に普及しているクルマ用語が、鉄道に関する事態にまで汎用されて報道される、という現象について述べた。
 今回は逆に、鉄道の現場用語を一般の客に対して使う事例を考える。

続きを読む "電車の脱輪 下"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

電車の脱輪 上

 テレビのニュースを聞いていて、最近気になったのは、鉄道事故を伝えるのに、脱輪 という用語が使われていることである。電車は 脱線 するものだと思っていたのだが、脱輪 脱線 とは微妙に意味が異なったりするのだろうか。

 クルマの用語法が鉄道関係にも流用される、という傾向が見受けられる。やはりクルマが大いに普及してきたことから、鉄道にもついつい使ってしまう、ということか。

続きを読む "電車の脱輪 上"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

列車遅延と処理(2)

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "列車遅延と処理(2)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月28日 (水)

「いなほ」脱線事故

※当記事の内容は、公開時点のものであり、最新ではありません。また、運賃・ダイヤなどについては各鉄道会社の公式サイト(JR東日本 など)をご覧ください。

 
 脱線事故から三日めになった。鉄道を愛好する者には辛い事故である。

 風が盛り土に沿って吹き上げたのが原因ということになってきているようだ。現場は、風速25メートルで徐行、30メートルで運転停止、という規制がかけられているそうである。この数字は、十分に余裕をもった値なのだろうか。相手は風なのだから、つかみどころがない。瞬間的に、風速計にあらわれない突風が吹く可能性は十分考えられるし、風の吹き方によっては風速計が捕捉できないような局地的な風速の上昇もあり得る。だから、これ以上吹くと脱線の可能性あり、という単純計算の値に比べ、かなりの余裕をみた、恐らくは半分くらいの値を規制の基準にしなければならないはずだが、さてそうなっていたのかどうか。よく分からない。

続きを読む "「いなほ」脱線事故"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

列車遅延と処理(1)

(当記事は、鉄道趣味ブログ『まるよし電車区』に移転しました)

続きを読む "列車遅延と処理(1)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)