7.2.0 芸能・TV

2014年3月11日 (火)

当ブログがテレビで紹介されます

 こういうタイトルにすると、大層に聞こえてしまいますが、そう大した話ではありません。
 でも一応、制作会社から依頼があって承諾したものです。

続きを読む "当ブログがテレビで紹介されます"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月27日 (火)

お元気な松之助師匠

 落語を生で聴く機会を重ねるなかで、笑福亭松之助師匠の高座を一度聴きたい、と熱望してきた。
 松之助師匠は、自分でも自虐的に言うとおり、「明石家さんまさんの師匠」として知られる方である。そして、今年米寿を迎えた、上方落語界の最長老でもある。

続きを読む "お元気な松之助師匠"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

「歌がヘタな王座」の危うい二面性

 「歌がヘタな王座決定戦」という番組企画も何度めかになるようで、わたしはあまり観る気がしていなかったのだが、先日の放送はたまたま点けていたテレビで始まってしまい、惰性で観てしまった。

 これはタイトルからして「ものまね王座決定戦」の類のパロディなのだが、「ヘタさ」を競うだけに、そこには複雑な構造がある。そして、そこに出場する「選手」たちのなかで、出場する資格があるのはせいぜい後に挙げる二人くらいではなかったか、という気がした。

続きを読む "「歌がヘタな王座」の危うい二面性"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 1日 (水)

『テストの花道』を学生にも観てほしい

 今年の四月から始まっている『テストの花道』というテレビ番組は、司会が所ジョージさんと城島茂さん、という豪華にしてバラエティー的な人選ではあるのだが、NHK教育テレビでの放送であることや、内容が学校の勉強や進学に関することであるため、話題にのぼることの少ない地味なものになっている。

 わたしも、最初の三か月ほどは、そういう番組があることを知らなかったのだが、観てみると、なかなかの内容だった。

続きを読む "『テストの花道』を学生にも観てほしい"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月11日 (木)

ソフトバンクCMは福井で撮影

 ソフトバンクのケータイCM、白戸(ほわいと)家シリーズは、次々と新たなバージョンが制作されている。

 今月に入って流れている二つのバージョンは、地元福井での撮影である。以下で動画が見られる。福井でおなじみの鉄道スポットが映っている。

続きを読む "ソフトバンクCMは福井で撮影"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

気分屋ケンちゃん

 『ケンちゃんの主題歌コレクション』(2006 ウルトラ・ヴァイヴ)というCDを見つけて、迷わず買った。
 ケンちゃんシリーズは、子供の頃にずっと観ていた。主演の宮脇康之(当時)さんは、実年齢がわたしの二つ上、ドラマの設定年齢が一つ上だったと記憶しているので、ちょうどハマる世代であり、宮脇さんは憧れのおにいさん的な存在だったのである。「宮脇」という名字が特に好きなわけではない。

 CDを聴いていると、いろいろ思うことがある。

続きを読む "気分屋ケンちゃん"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

波 平 、鉄道模型に魅せられる

 昨日放送の『サザエさん』の三本め、「波 平 ゆめ列車」は、わが国の鉄道趣味史にとって画期的な作品であった。
 恐らく、『サザエさん』の作品中、鉄道模型がメインで描かれたのは初めてであろう。

 他の作品ならともかく、『サザエさん』なのだから、これは大変意味深いことである。

続きを読む "波 平 、鉄道模型に魅せられる"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

裕次郎さんのやりたかったもの

 石原裕次郎さんが二十三回忌を迎え、大がかりな法事はこれを最後にするということで、テレビでもいろいろと特集番組が放送されている。

 当然ながら、石原裕次郎さんの映画スターとしての全盛期はわたしの生まれる前のことである。テレビドラマは世代であるが、それほど熱心に観たわけではない。
 それでも、日本テレビ系の『太陽にほえろ!』は一時期お化け番組とも呼ばれた大変な人気であったから、斜めには観ていた。観なければならない理由があったからである。

続きを読む "裕次郎さんのやりたかったもの"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

15年の信念

 昨日フジテレビ系で放送された、『妻よ! 松本サリン事件犯人と呼ばれて…家族を守り抜いた15年』を観た。事件発生からちょうど十五年ということでの記念制作である。
 二つ前の記事で触れた冤罪の事案の流れもあって、観てみたのである。こういう、ドラマとドキュメンタリーを交錯させる手法は、わたしは好きではないのだが、結果的には観てよかったと思う。

続きを読む "15年の信念"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 5日 (金)

鉄道落語会(繁昌亭)

 ちょっと古い話になるが、投稿のタイミングを逸していた。

 昨年12月中旬、大阪天満天神繁昌亭で、「『鉄』の世界」と銘打った落語会が催された。繁昌亭は、上方落語界唯一の常打ち小屋であり、あの『ちりとてちん』の「ひぐらし亭」のモデルでもあるため、たまに足を運ぶようになった。そこで鉄道に関する落語会があるとなれば、行かないわけにはいかない。

続きを読む "鉄道落語会(繁昌亭)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)